Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2016年08月15日

VR(バーチャルリアリティー)バトルに書道で参戦!

オリンピックで毎夜々々楽しいですね。
我が家では奥さんが元水泳の国体選手ですので
スポーツは盛り上がるのですよね。

文化部イメージの私も中学、大学ではバレーボール部でしたので
熱く成るタチなのですw。

すっかり人と競う事は無くなってたのですが
久しぶりに戦う事と成りました。
LIMITS Digital Art Battleというのに参加させて頂きます。

LIMITS Digital Art Battle
日程:2016.08.20(土)21(日)
会場ROCKTOWN(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F)
時間:20日15:00〜21:00/21日11:00〜19:00(予定)
料金:無料(満員の際入場を制限する場合がございます)

普段からデジタルで仕事をしているアーティスト達が与えられたテーマに添って
制限時間内で表現し、その出来栄えで勝敗を分けるトーナメント戦です。
ライブ感のある大人気のイベントで、世界的に拡がっているそうです。

そのLIMITSに私も参加する事に成りまして
(超アナログな私がデジタルバトルって?!)
と言いますのも最近VR KYOTOという所でVR(バーチャルリアリティー)に取り掛かっています。
バーチャル空間に書く事が出来ると言っても・・・分りにくいので
そのVR KYOTOで制作してもらった動画がありますので良かったらご覧下さい。
楽しそう!!ってのが伝わると思います。

デジタルは正直得意な分野では無かったのですが
最新の物は体感的で取り扱いもそんなに悩む事も無く
普段の感覚で表現する事が可能です。

なので最新のモノほど、アナログな感覚や技術がある方が
面白いモノが出来るんじゃないかな・・・。というのが私の感想。

是非最新のデジタルの世界、アーティスト達の戦いをご覧下さい。
私はトーナメント枠では無く、21日のVR枠で対戦致します。
タイムテーブルもありますのでご参考に。
一昨年一緒に三人展「虎・TORA・トラ」をした上田バロン君も参加していますよ。
応援宜しくお願いします!





  
  • LINEで送る


2016年07月21日

個展「かなで」上田普 書作品展

18日に開催した「音楽と書と朗読による空間」
スゴク楽しいイベントに成りました!

お出で頂いた皆さん。関係者の皆さんありがとうございました。

Jazzミュージシャンとのライブパフォーマンスでも
熱い演奏をブイブイ投げかけてくれましたので
私もテンション上がってしまいました。
その様子はまた後日。

さて いよいよ個展が始まります!


-かなで-上田普 書作品展             〈クリック拡大〉→
■会期: 2016年7月22日(金)~31日(日) *会期中無休
■営業時間: 11時~18時 
■会場: アート○美空間Saga 
    650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-18観音寺ビル1F
    TEL 078-321-3312
■作家在廊日:7月22日(金),23(土),24(日),26(火),29(金),30(土),31(日)

(奏で=仮名手)
日本人は古代から歌を詠んできました。
それを書きとめ、表現する為に仮名文字が生まれた。
だとすれば仮名文字自身がウタではないのか?
そういう想いから今回の展示の発想を描きました。

またクラッシックの曲からもインスピレーションを頂いています。
他のジャンルの曲とは違い
始まりから終わりにかけて数時間も掛けながら
物語を綴る様に変わっていく展開。

その物語に景色に酔いしれ、ハラハラし、感動を受ける。
そんな展示会は出来ないのかと・・。

上手くいったかどうかは分りません。
是非会場で物語を、メロディーを想い描いて欲しいと思います。

Sagaさん独特の3カ所に分れたスペースなので
奥の部屋には先日のパフォーマンスから生まれた作品をドカーンと展示。
また今回も京都のファッションブランドTRINITASとのコラボレーションの新作
ロングカーディガンや和風なテイストが感じられるTシャツ。
また好評だったコラボ第一弾、第二弾で制作したブラウスも受注という形で
再び登場致します。

是非楽しんで行って下さい。




  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:40Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2016年07月10日

コラボイベント!「音楽と書と朗読による空間」

Jazzのミュージシャンとのコラボレーションイベントです。

----------------------------------------------------------
「音楽と書と朗読による空間」
出演Be in Voices(アカペラ)
長島雅枝(アルトサックス&Vo)、ユン ファンソン(トランペット&Vo)、上田 普(書)
   木下孝朗、砂川雅城、岩高淳、平松寿代
日時: 2016年7月18日(祝) ランチ受付11:20~ お食事11:40~
            コンサート受付13:40~ 開演 14:00~

会場神戸・酒心館ホール 神戸市東灘区御影塚町1-8-17
入場料: 4,000円 ランチ付き8,000円
受付 : 「音楽と書と朗読による空間」実行委員会 廣島早苗
         Tel&fax: 078-453-7353
          Mail :  hnoboru0514yahoo.co.jp
-----------------------------------------------------


はじめて本格Jazzミュージシャン達とコラボレーションをする事に成りました。
曲や朗読される小説をイメージして制作した作品をご覧頂くのと同時に
アドリブで演奏される即興曲に私も即興で答える様な
パフォーマンスも致します。

どんなのが出来上がるのかは私も分らない(笑)。
しかし普段、私もアドリブで演奏する事はよくやっていますので
その音楽的感覚で書の線を描けばいい訳で
ミュージシャンから触発され、普段では出せない覚醒した何かが
飛びだすかも知れません。・・・私も楽しみ♪

酒心館ホールは元酒蔵の木製の雰囲気のあるホールです。
イイ音が聴けると思います。
一日限定な特別なイベント。是非お誘い合わせの上ご来場下さい。
チケットやお席のご予約は受付の
「音楽と書と朗読による空間」実行委員会 廣島早苗
Tel&fax:   078-453-7353
Mail :   hnoboru0514yahoo.co.jp   まで










  
  • LINEで送る


2016年07月10日

完成!マスキングカラーMTRL Kyotoアートワーク

先日のマスキングカラーを使ったMTRL Kyotoでのガラス面アートワークは


「ことのは(言葉)」

こんな感じに仕上がりました。

茶色の太い線で「ことのは」と書き、木の幹にたとえ。
平仮名を葉に見立ててレーザーカッターとステンシルの方法で
文字をかたどっていきました。

平仮名は一文字では意味を持ちませんが
合わさっていく事で言葉に成っていく。
まさしく、このMTRL(マテリアル)は
様々なクリエーターがここで出会い、新しいモノを生み出していく場
ですので、そんなモノをイメージして制作しました。

マスキングカラーで作っていますから
文字自身も剥がれる様に成っていますよ。
面白い素材ですよね。

この作品しばらくは展示されていますので
お近くの際にでも是非覗いてみて下さい。

クリアーカラーを多く使用しましたので
晴れた日にはステンドグラスみたいに成っているかも知れませんよ。





  
  • LINEで送る


2016年06月27日

MTRL KYOTOガラス面アートワーク公開製作&トーク


最近VR(バーチャルリアリティー)や塗料のイベント等
色んな新しい事に挑戦させて頂いていますが
それがひとつ実を結びました。

ガラスやアクリル等に書いても はがす事のできる塗料マスキングカラー
を使ったアートワークを
MTRL KYOTO(マテリアル京都)という施設でさせて頂く事に成りました。

このガラス面に製作します。

そのMTRLという所がこれまた面白い所ですので
是非HPを見てみて下さい。
クリエイター、モノ作りにはたまらない、ありがたい環境です。

今回その施設で制作をするに当たり
その環境を生かしたモノを作りをしたいと思い
レーザーカッターを用いて、MTRLさんのご協力とアイデアも頂き製作
させて頂こうと思います。

タイトルは「ことのは(言葉)」
平仮名を使って大きな木を表現します。
(またワークショップでは私の文字をレーザーカッターを使って
アクリルを切る事もできますので是非楽しんでいって下さい。)

その公開製作は6月27日13時~18時。(本日・・汗)
宜しければご覧頂ければと思いますし(施設の利用料が必要です詳しくはMTRL HPを)
公開製作
MTRLが定期的に行っているイベント
Fab Meetup Kyoto vol.76月29日(水)19:00~
「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント
にも参加させて頂き今回の作品に付いてお話させて頂きます。

私も以前参加した事があるのですが
進行形の新しいクリエイティブの一端を感じられる
面白いプレゼンが聴けますので是非こちらも注目して頂ければと思います。

  
  • LINEで送る


2016年06月11日

お買い得が支援金。 チャリティー原画展

4月29日、以前からお世話に成っている大阪・南森町のギャラリー。
アートカクテルさんからメールが来ました。

---------------------------------------------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・(略)
地震発生以降、当店でも何か被災地支援ができないかと考え
いろいろな方にご相談させていただいておりました。
そこで、下記のような企画を立ち上げましたので、ご高覧いただけましたら幸いです。

・関西出身あるいは主に関西で活動されている作家さんの原画を
 チャリティー価格にて直売いたします。
・売上は全額、熊本地震への義援金・支援金として寄付いたします。
・出展作家さんには無償で作品を提供いただき、作品の郵送や運送費なども
 自己負担にてお願いいたします。
・会場費、運営にかかる全費用はアートカクテルが負担します。
・告知、宣伝はWEBでのみ行います。
・募金先は日本赤十字社が最有力ですが、出展作家さんの推薦などがありましたら
 各所へ分担して募金いたします。・・・・・・・・・・・・


------------------------------------------------------------

という企画が実際にかたちに成り
今週10日(金)からスタート致します。

私の作品も普段の展示の時よりは少しお安くし
(安くし過ぎても支援には成りませんので)出品させて頂きました。

ここで出品作品と価格も紹介しておきます。

短冊作品「彩(チューリップ)」サイアノタイプ 3,500円
サイズ:362×60(mm)短冊
日光写真の技法を使い「彩」と書いた所だけに写真が写り込むという作品。チューリップが写り込んでいます。



短冊作品「彩(ひな草)」サイアノタイプ 3,500円
サイズ:362×60(mm)短冊
上の作品と同様に日光写真の技法を使い「彩」と書いた所にひな草の花が写り込んでいる作品。



パネル作品「白い風」8,000円
サイズ:142×180(mm)
アクリルメディウムを使った作品。
大理石粉で文字を形成し雲母がキラッと光る作品。



パネル作品「静」100,000円
サイズ:945×385(mm)
墨色が美しく成ると言われる、20年30年以上経た紙と墨を用いて製作。
文字は書かずに線のみで表現した作品。


熊本地震震災復興支援 チャリティー原画展
http://www.art-cocktail.net/exhibition/kumamotocharity.html
■会期: 2016年6月10日(金)~13日(月) *会期中無休
■営業時間: 13~19時 *日曜は17時まで
ART COCKTAIL(アートカクテル)
  〒530-0041 大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル(HISATOKU B.L.D.)2F
   tel. 06-6358-0158  e-mail. info@art-cocktail.net
地下鉄谷町線・堺筋線 南森町駅
JR東西線 大阪天満宮駅 ③番出口から東へ徒歩50m

どうぞご理解、御協力の程よろしくお願い致します。
もし遠方であったり、ご都合が合わなくて会場には行けないけど
ご希望の作品がおありの場合、ギャラリーの方に問い合わせて頂ければ
対応して頂けるとの事です。

  
  • LINEで送る


2016年06月01日

Tシャツ展に参加します。

前回の「塗装力」。沢山の方にお出で頂きありがとうございました。
塗料の面白さ、可能性を色々再発見して頂けたのではないでしょうか。
私も今後の製作に生かしていこうと思っています。

その時作品の雨の時に文字が浮かび上がる「雨にさく花」の動画。
また蓄光塗料を使ったパフォーマンス「美をつかむ」の一部ですが動画を
HPの方で(コチラ)紹介していますので、どうぞ塗装の面白さをご覧下さい。

さてTシャツ展のお知らせです。
国内外で活躍するアーティストのTシャツを展示販売する今回の企画。
日本からは小田隆、CAB、かめおか とうか、KanKan、黒沼真由美、Swich、はくラボ、hiranken、MUSUME、森田存(敬称略)
海外からはBAGGER43,Ben Jelter,David Tako,FTONGL,Geoege Cwirko Godycki,Ghayth Chegaar,Jerome Gillet,Monico Chavez,Ryan Jones,Teressa というアーティストが参加。

皆さんの肩書もイラストレーター、美術家、グラフィックデザイナー、コミックアーティスト、ゲームアーティスト等という私にとってもちょっと目新しい雰囲気です。

そんな中、私は今回もTRINITASさんとコラボしていきます。
Tシャツというのが一見簡単そうでこれがなかなか苦戦しましたが
他にないイイ感じに仕上がりそう(未だ製作中(^_^;))。
形からも若干和風な匂いのする雰囲気にと一緒に考えていますので是非お楽しみに!
------------------------------------------------------------------------------------
「CANVAS→T展」
日時:2016年6月15日(水)~26日(日) 21日(火)休廊
   12:00~20:00
会場イロリムラ[89]画廊 展示室1
   大阪市北区中崎町1丁目4番15号
   tel 06-6376-0593
------------------------------------------------------------------------------------
今回私の在廊は未定ですのでどうぞご了承下さい。

イロリムラさんにはギャラリースペースが幾つかありますので
同時開催の展示もご覧いただけます。
どうぞ一緒にお楽しみ下さい。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 19:26Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2016年05月06日

塗料でアートは作れる?-「塗装力」-展@神戸

作品制作の材料と言えば画材ですが
塗料なんかはいかがなモノか?
色も幅広くあり、屋外でも変色しない丈夫な材料で
また最近は高機能なモノも多く出ているという。

防水はもちろん、温暖化対策として直射日光が当たっても高温に成りにくい遮熱塗料や
ガラス面に書けて、乾けば剥がれる塗料。「マスキングカラー



参考作品「“化”けの皮を剥ぐ」

傷が消える自己治癒塗料。
汚れても、雨が降れば汚れが流れ落ちる防汚塗料。
塗れば黒板ができる塗料。
電気を通す導電性塗料。その逆の絶縁性塗料。
光を貯める蓄光塗料。等など・・。

ちょっとワクワクする様な機能じゃないですか?
普通の画材では考えられない。

そんな塗料を使ってアート作品は作れないのか?
というのが今回の企画。
-----------------------------------------------------------
「塗装力~塗料×アートが生む魅力」
2016年5月12日(木)~17日(火)
11:00~18:00(最終日15:00まで)
アート○美空間Saga 神戸市中央区下山手通2-13-18
参加アーティスト:荒木俊成silsilヒラタシノ、Chapi Happy、加藤浩史寺西紀光、と私。
--------------------------------------------------------------------

私は水性塗料と、蓄光塗料、撥水塗料なんかを使って作品を制作しました。
また15日(日)13:30~蓄光塗料を使ったパフォーマンスとトーク「塗装力をアート力へ-その可能性-」も行います。

今回は塗料の専門家NEOの西村三津雄三さんの企画です。
塗料に付いての質問でしたらなんでもお答え頂けると思いますので
色んな疑問、質問をぶつけてみては・・。
他にも黒板塗装、写真フレーム塗装等のワークショップやイベントは目白押しです。
https://www.facebook.com/events/982007671882420/ (FBページ)
コチラをご参考に是非足をお運び下さい。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 05:25Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2016年05月03日

アーティストの場所を残したい!

2003年頃でしたでしょうか?
京都で初めての個展している時に
たまたま版画作家さんがお出でに成り
大阪の泉屋君の近所に版画工房があるという事を教えてくれました。

その頃、版画制作のできる所を探していた泉屋君が
早速出向いたのが摺り師の今泉さん働いてらした工房。

その後今泉さんが独立され、今泉版画工房ができ
私も泉屋君の紹介で今泉さんと知り合う事が出来たのですが
その今泉さんの知識、経験、お人柄は多くのアーティストを呼び寄せました。

ここにある道具、機材は今泉さんの経験を元に手を入れたモノが多くて
理にかなった、使い勝手の良いモノばかり。

エネルギーの塊というか、あそこに行けば何かある、何かに出会える。
そんな雰囲気の中で絵本「龍潭譚」は生まれましたし。
「絵本化鳥」も生まれ
一昨年3人展をした上田バロン君とも
モッチモッチさん、河田さん、白木原さん、渡辺さん、西山さん、TALAさん等の素晴らしいアーティスト、
額縁の「天勇」の皆さんとも出会えました。

2階の工房で制作し、1階の天勇で額装。アーティストには完璧なロケーションでした。

事ある毎にこういう事をよくやっていました。

私が版画を作ると言えば、作品の複製品を作るモノだと思っていましたが
今泉さんの考えていたのは、私だからできる版画を作る事でした。
その為に色々実験にも付き合って頂き
思考錯誤を一緒にし、ようやく私のシルクスクリーン作品も何点か作らせて頂きました。

この経験が他の誰かとコラボレーションする時に
その特徴を理解し、いかに引き出すのかを考えるという今の制作スタイルが
出来たのだと思います。

そんなお世話に成った今泉版画工房の存続が危ぶまれています。

今泉さんが体調を崩され、工房閉鎖を考えていた所だったのですが
お世話に成った版画作家達が力を合わせ、今泉さんが戻られるまで工房を引き継ごうとしています。

引き継ぐ為の移転や、貴重な道具類の持ち出し
その為の費用の捻出に、お世話に成った多くの素晴らしいアーティストの作品が
クラウドファウンデングの方式で出品されています。

ただでさえ数少ない版画工房で、ここまで自由に使わせてくれ
設備が整っている所が他に無いのだそうです。
私も含めアーティスト達には最後の砦の様な場所をまもる為。

ご覧頂くだけでも結構です。ぜひ下記のリンクに飛んで頂き
https://readyfor.jp/projects/print-silkscreen-art-studio
私達の思いを感じ取って頂ければ嬉しいです。
是非ご協力の程宜しくお願い致します。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 19:14Comments(0)

2016年04月23日

Jazzな墨の絵-宮本信代 墨の絵展

墨絵ではなく「墨の絵」。
普通”墨絵”というのはそれを描く為の筆法というのがあって
それを用いて描くのが一般的。
昔の墨絵の指南書を見ると
この部分は「八」を書く様にとか、「心」を書く様にとか
書の筆づかいで解説していたりする。

昔の人の日本画や墨絵の線がイイのは
当たり前の様に書もたしなんでいたからという訳。
(墨や筆は普段の筆記用具でしたしね。)

母 宮本信代は長年書の世界に居り、一番多い時で
300人程の生徒が居たんではないだろうか。
しかし、突然デッサンや油絵学び、洋画を描く様になった。
しばらくは油絵で地方の公募展等に出品していたが
本人曰く「匂いが嫌い」という事で
絵筆を長年親しんだ墨と書の筆に持ち替え
洋画を描く様に成った。

そういう訳で墨絵ではなく、墨の絵が生まれた。
そんな宮本信代の描くジャズの世界は----------------------------
日時:2016年4月28日(木)~5月10日(火) 5/4(水)休廊
     10:00~18:00(最終日16:00まで) 
会場:帝国ホテル大阪2F アート・ギャラリー尾山
(JR大阪駅桜橋口より帝国ホテル行きのシャトルバスが出ています。)
作家在廊日:4/29, 5/1, 3, 5, 8, 10
-----------------------------------------------------------------
私が本場シカゴで買ってきたブルースの写真集は
もうボロボロに成ったと、帰っても来ないが
それをキッカケにミュージシャン達を描く様に成ったのだと思います。
それらを中心に風景、人物等の墨の絵が展示されます。

お近くの際は是非会場に足をお運び下さい。





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:12Comments(0)お薦めの展示会

2016年04月17日

国宝だらけの書道展

4月12日から大阪市立美術館で始まった
「王羲之(おうぎし)から空海へ」~5月22日まで
これは大注目の展示会です。

私もまだ行けていないのですが
行った方の図録を拝見すると
国内の国宝だけでも35点、重要文化財、重要美術品など多数。
それ以外に台北・故宮博物館からも名品が続々。

こんなの滅多にできない企画だと思います。

超メジャー級を挙げても
王羲之、欧陽詢(おうようじゅん)褚遂良(ちょすいりょう)、虞世南(ぐせいなん)、
顔真卿(がんしんけい)、智永、蘇軾(そしょく)、王鐸(おうたく)
空海、最澄、嵯峨天皇、小野道風、藤原佐理、藤原行成、藤原定家、藤原俊成、紀貫之、西行
良寛、本阿弥光悦、松花堂昭乗・・・・などなどなど。

この中の一点でもあれば企画展が開催できるほどの名品揃い。
例えるならバッハからマイケル・ジャクソンまでの様な書道展(笑)。

書道に興味無くても是非見て欲しい展示会です。

書はもちろんですが
名品はそれにふさわしい表具もされているモノ。

その昔、書の名品を手に入れたら
お金をはたいて正倉院を開けさせ
宝物の裂(きれ)で表装をしたという話もある位
昔の人は掛け軸にお金と神経を注いでいました。

また歌集を作る時はその時の天皇の勅命で作ったりしていますので
その紙(料紙)、書き手もその時代の一級の人の手によるものです。

中国の書には沢山の印が押されていると思います。
その印は所蔵印ですので、その数だけ人の手を渡って来た名品である証。
その時代の皇帝の印も沢山あるはず。

書以外にも見所満載でしょ。
今までの書道の歴史のほとんどを網羅する様な大注目の企画展。
私は間違いなく週末は避けておきます。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:55Comments(0)お薦めの展示会

2016年04月13日

モーツァルトにハマる。

「花冷え」って良い詞ですね。
まさしく散る桜と冷たい風の京都ですが
今日は最近ハマっているモノをご紹介。

今まで何度も音楽の話はしてきましたが
ブルースやジャズ等ブラックミュージックばかりでした。
しかし今回はクラシック音楽のお話。

最近よく行く音楽喫茶があり
普通は私語厳禁みたいな所が多いのですが、ソコでは
マスターが合間あいまに作曲者や演奏者の
お話をしながら聴かせてくれる。

もちろんステレオもイイのを揃えてくれているので
家では聴こえて無かったミュージシャンが足でとっているリズム音や
声の様な息使いも感じられます。

あらめてクラシックをキチンと聴くとやはり良いモノですね。
リズムもメロディーも複雑に交錯していて、挑戦的な作曲者もいますし
演奏者によっても全く表現の仕方が変わる。
何となくですがクラシックの面白さが理解できました。

そこで改めて聴かせてもらったモーツァルト。

天才と言われて幼少期は人気があったモーツァルトも
晩年(享年35歳ですって!)は借金をするほどの極貧生活だったとの事。
「天使の様な幼少の頃とは全く違うよ」と聞かせて頂いたピアノ曲が
すっかり気に入ってしまいました。

音数の少なさ、音の間合い、余韻、ストーリーの展開。
私はどうもオーケストラよりもソロ演奏の方が好きみたいで
それを初めに聴かせて頂けた事が良かった。

さっそく次の個展のテーマに取り入れようと思案中です。
K475やK457ってタイトルにでもしようかな・・。
(動画22分45秒辺りからK475が聴けます。)

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:31Comments(0)書道とブルースの境。

2016年03月30日

海外の方に書道ワークショップ


少し前の話ですが
青年海外協力隊(JOCA)のプロジェクトで
オーストラリアとニュージーランドからの大学生104人に向けての
書道ワークショップを2日に掛けて行いました。
少しパデモンスレーションと書道の歴史、漢字の成り立ちをクイズを交えながら見てもらって
ワークショプのスタート。
筆の持ち方から
半紙に筆運びの練習を簡単にしてから漢字の練習。
リクエストにも答えて手本も色々書きましたが
最近は携帯があるので
自分で調べて、半紙に書いている人もチラホラ
なぜか「冷蔵庫」や「きつい」って書いている人も・・・なぜ?



とにかく和気藹々な雰囲気で
皆さん楽しんで下さっている様子でした。

書道のイベントと言えばデモンストレーションを見てもらう事が多いのかも知れませんが
絶対体験する方が楽しい!

6m×6mの紙を用意し大きく俳句を書いて頂きました。
俳句は「初時雨 猿も小蓑をほしげなり」(芭蕉)や「探梅や 枝のさきなる 梅の花」(高野素十)
俳句の解説や季節を感じ取る日本のセンスのお話をし 
さあ書いていただきましょう!



仲間からの声援をあびながら
書く時は真剣に
書き終われば拍手と笑い声も上がる。
大いに盛り上がり無事終える事が出来ました。

この時の様子はJOCAのサイトでもご覧頂ける事ができます。
http://www.joca.or.jp/information/h27/0205.html
綿密な企画と段取り、当日のサポートも頂いたJOCAの皆様の
気配りや、人を巻き込んでいく盛り上げの素晴らしさもワークショップの成功に大いに繋がったと思います。
ありがとうございました。

私も大いに楽しませて頂きました。
学生達にはまたオーストラリアで展示する時には遊びに来てと言ってありますので
実現しないといけません!
写真提供:Imada photo service
  
  • LINEで送る


2016年03月17日

男前豆腐店オリジナル手ぬぐい発売開始!

平仮名バージョンの「おとこまえ」なお豆腐も発売に成り
近所のスーパーで見掛ければ、つい大人買いしてしまう今日この頃ですが
グッズが充実してる所も男前豆腐店さんの素敵な所。
今までもお面やジャージ、前掛け、Tシャツ等お豆腐屋さんらしからぬ
グッズ展開をされてて楽しませてくれています。

という事で
この度『酔っぱらったらエア三味線』という名の手ぬぐいも発売されました。
今回はフル平仮名バージョンで「おとこまえとうふてん」です。
三味線も劇画タッチでカッコいいですよね。

手ぬぐいのイメージからでしょうか
書く時に何となくリヤカーを引っ張りながら売っているお豆腐を想像して
そのラッパの「と~ふ~」って音色も頭を巡っていました。
「う」が長いのはそのせいか・・(笑)。


『酔っぱらったらエア三味線』

価格はなんと500円
これはもうエア三味線をやるしかありません!

もちろんカバンやポッケにしのばせて汗を拭くでもよし。
頭に巻いてもよし。
銭湯にコレひとつで全部済ませるなんて粋な事もできますね。

お求めは男前豆腐店HPのショップこちらから是非どうぞ。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 18:37Comments(0)依頼作品/made to order

2016年03月01日

男前豆腐店より本日発売!!

閏29日を挟んで今年ももう3月。
先月四国大学で集中講義を行って来ましたが
今年で3年目になる集中講義。
初めて受け持った子達が卒業を迎えます。
少し感慨深い思いもありますが
新しい門出。楽しいその後の人生を歩んで欲しいと思います。

さて本日から発売の3商品をご紹介!

男前豆腐店さんから商品名を書かせて頂いた
「京の石畳」「ゆずプレミアム」「枝豆プレミアム」です。

「京の石畳」

なんと既に
日本アクセス 春季フードコンベンション2016
・「バイヤーズグランプリ」冷蔵(和日配)部門1位
・「これは使える!」食品ランキング 冷蔵(和日配)部門1位

と二冠に輝いてるとの事。発売開始から嬉しいニュースです。

この商品はなんと驚きの9個パック!
それを石畳の模様に例えて「京の石畳」と名付けられました。

今まで男気のあるイメージの男前豆腐店さんの文字を
「おとこまえ」と平仮名バージョンにし、品のある柔らかで奥ゆかしい京の印象を。
「京の石畳」は正統派に見えつつも、“石”の重心を左に、“畳”の重心を右にする事で
少しゆらぎを感じる様にしています。

石畳の上を歩く赤い和傘を持った舞子さん・・・小説の最後の様な余韻を残しますね・・。

良く見て頂くと、帯やかんざしがシルバーで印刷されててキラッとしています。
ココも私のお気に入り!
このディティールのこだわりに、私は男気を感じました。

あと2商品は

「ゆずプレミアム」「枝豆プレミアム」

お豆腐にゆず、枝豆。これはもうイメージしただけでも美味しいですよね。

こちらも平仮名バージョンの「おとこまえ」です。
商品名の“ゆず”と“枝豆”は懐を大きく、親しみの持てる文字を意識しました。
“ゆず”はコロコロとした筆の動きでふくよかな印象に。

“枝豆”の“豆”は何となく右を向いているでしょ・・・?。
コレも直線上にありながらも“枝”の重心は左に。
“豆”の重心は右に。と心持ちずらす事で揺らぎを持たせました。

どちらも文字全体では中央が膨らんでる♦(ダイヤ)型に成っているんですよね。
きっと店頭では並んで陳列されるでしょうから
お互いのビジュアルの印象を統一する為にその様にしました。

以上制作の裏側でした(笑)。

なんにしろ食べて美味しくないとお話に成りませんよね。
しかしそこは男前豆腐店さん。
味はまかせて下さい。
期待は裏切りませんから!

是非お近くのスーパーで見掛けましたら迷わずカゴの中へ。





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:04Comments(0)依頼作品/made to order