Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2010年09月30日

金箔とウルシ展


以前の栗本さんの展示風景。 中央右のはナント車のボンネット漆塗り。


展覧会情報です。
今京都と神戸でお勧めの個展が開催されています。

京都は箔画の野口琢朗さん。
西陣の箔屋に生まれ、金銀箔を用いた
独自の作品を制作されて活躍されてる方です。

非常に手間の掛る方法で制作されてるにも関わらず
今回は大きな作品にも取り組まれて
意欲的な気迫を感じました。
京都寺町三条上るのギャラリーヒルゲートにて10月3日迄開催しています。



神戸は漆造形家の栗本夏樹さん。
京都芸大で準教授として漆芸を教えてらっしゃるのですが
作家としての活動も積極的にされており
私も多くの影響を受けて尊敬する方です。

今回は平面作品ながらも、四角で無い変形の新作も展示されており
また新しい所に向かってらっしゃる様子が新鮮でした。

栗本さんの展示は10月5日迄。
会場のアート〇美空間Saga
神戸三宮の東急ハンズから徒歩2分程度の場所にあります。
ちょっと奥まった所にありますから
地図を確認して行かれる事をお勧めします。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:21Comments(0)お薦めの展示会

2010年07月15日

関西初!絵本作家すぎはらけいたろう個展


現在大阪・天満橋アートスペース夢玄さんにて
すぎはらけいたろう氏の個展が開催されています。

氏とはカナダでお会いし、同じ時間を過ごした仲なのですが
昨年イタリアのボローニャ国際絵本原画展にて入選し
これから活躍されるであろう作家です。

今回の個展では
先月発売されたばかりの絵本「あれあれなんだろな?」の原画や
植物をモチーフにした新作が展示されており
独特のコラージュを用いた鮮やかな色彩の作品群が
和やかな雰囲気で会場を包んでおります。

もちろん会場でも絵本の販売をしています。

18日、19日には東京からすぎはら氏も在廊されて居りますので
購入された絵本にサインを入れて頂く事も出来ると思います。
是非足を運んで頂き
あたたかい氏の人柄にも接して頂きたいと思います。

すぎはらけいたろう氏インタビューサイト

すぎはらけいたろう個展
2010年7月 7日(水) ~ 7月22日(木)
作家在廊日:7(水)、18(日)、19(祝)

会場 あーとすぺーす夢玄
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1-6-2 橋本ビル1F  Tel 06. 4790. 2626
11:00~19:00(最終日17:00まで)
会期中無休


「あれあれなんだろな?」

さく すぎはらけいたろう
価格 1470円(税込)
発行 キッズレーベル
発売 自由国民社

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 11:26Comments(0)お薦めの展示会

2010年04月30日

墨の絵展


作品「あらっ」 18×31cm 宮本信代画


とうとうゴールデンウィーク突入しましたね。
私はイベントの準備に追われ
食事、睡眠の時間もモッタイナく感じつつ居ります。

さて私の母が大阪・池田にて個展を致しますので
その御案内です。

宮本信代 墨の絵展
日時  2010年5月5日(水)~10日(月)
         10時~19時 (最終日16時迄)
場所  市立ギャラリーいけだ
        阪急電車「池田駅」構内2F
             (改札出て左へすぐ)

母は長年書道の世界に居りましたが(私の師匠です)
十数年前からデッサンから油絵を学び
現在は洋画を踏まえた、墨を生かした絵画を描いて居ります。

いわゆる墨絵とは違い
やはり線を生かした表現という物をずっと模索しています。

最近はよりファンキーな物も描いており
ヘビメタの兄ちゃんも題材にして居りました。

是非機会がございましたらお誘い合わせの上
ご覧頂けましたらと思います。

       





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 19:08Comments(4)お薦めの展示会

2009年12月10日

金箔で絵を描く人


お勧めの個展を紹介させて頂きます。

箔画 野口琢朗
日時 2009年12月9日~12月15日
   10時~20時(最終日17時迄)
場所 大丸京都店6階アートサロン

野口琢朗は四代続く京都・西陣の箔屋に生まれ、身に付いた美意識は
モダンアートと融合し、漆地に押された金・銀・プラチナ箔によって独自
の美しく幻想的な世界を表現している。
画面全体が輝きを放つ、他にはない箔画の魅力を是非ご高覧ください。
                        (DMより)

以前京都のイベントでご一緒し同世代という事もあり
仲良くなりました野口さん。
西陣織に使われる金箔や銀箔を扱う家に生まれながらも
大学で美術の勉強もなさり、写真家の助手にもつかれてたという面白い
経歴を持たれています。

その作品は、半具象という感じの物で
空や街を表現していてもモザイク画を思わせる幾何学の形の連続であり
チョット面白い独自の画面を構成させています。
勿論、箔を使った絵画作品ですので
煌びやかな印象もありますが
クリムトの様な奥深さも秘めています。

画像はDMからなのですが
拝見した印象では
オリジナルの方がこの何倍も綺麗でした。
関西では久しぶりの野口さんの作品。
是非多くの方にご覧頂ければと思います。


野口琢朗HP http://www.takuro-noguchi.com/index.html
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 18:20Comments(0)お薦めの展示会

2009年10月16日

「林京石すずり」展



「林 京石 すずり 展」
会期 10月14日(水)~10月20日(火)
    午前10時~午後8時(最終日 午後5時迄)
会場 高島屋京都店6階 特選和食器サロン

望月知石師(山梨県)に弟子入りし、修業後、
硯職を天職として地道に皆様に喜んで頂ける
硯を作り続けたいと願っています。
この度初個展ですが、
使い心地の良い色々な形の硯をご用意致しました。(DMより)



数年前、京都の野外イベントでお会いし
私の展示会にもよくお出で頂いてます
京都で唯一の硯職人(本人談)の林京石さんが
高島屋京都店にて一ブース設けまして
制作された硯を展示販売されて居られます。

林さんは現在29歳。
何をどう思って硯職人を目指されたのかは分かりませんが
日本の名石が採られる山梨の雨畑で修業され(私も大学時代に見学に行きました)
現在もその雨畑の石を使って京都で制作されて居られます。

私達にとって硯は大事な道具なのですが
イカンセン非常に難しい物でもあります。

と言いますのも
石をいう物は、ほんとにピンキリなのです。
家一軒程の値段の物もあれば
数千円の物もある。(大きさ関係無く)
宝石からタダの石もある訳です。

中国に居た頃は、硯の表面を綺麗にコーティングされ
全く使い物にならない物も見た事がありますが・・。

目利きの人が見れば分かるのかも知れませんが
私には美術品の硯よりは
実用的な物が必要な訳で
林さんの様な方が居て下されば非常に助かると感じて居ます。

間違いのない国産の石で
目の前に職人さんが居て下されば
安心して使っていけますよね。

ちなみに硯は長く使っていけば
だんだん磨れなく成ってきます。
細かい目が削れていく為なのですが
こういった時も林さんは手助けして下さる様ですので
この機会に是非覗かれてみてはいかがでしょうか。


  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:46Comments(0)お薦めの展示会

2009年09月11日

着れない服!?~異服~イシカワチサト展

現在面白い展示会が開かれて居ります。


イチカワチサト展
~異服~
2009年9月1日~9月30日迄
11時~19時(木曜定休)
@ lleno ギャラリー
京都・烏丸寺ノ内上る

イチカワさんとは大阪南港のサントリーミュージアムで開催されておりました
アートストリームでお会いしました。

ただ形の面白さだけではなく
元々ファッションを本格的に学ばれてただけに
縫製もきっちりされてて
縫い合わせの柄合せも完璧な所がイチカワさんの素晴らしい所。
生地も良い物を使われてらしたと思います。

作品で言いたい事に捕らわれ過ぎて
内側での作り込みをおろそかにしている作品と出合うと
非常に残念な気持ちに成るのですが
イチカワさんの作品はそんな心配は要りません。

今回は画像のジーパンの他
シャツやスカート、カバンバージョンも展示されておりました。
是非、多くの方にイチカワワールドに溶け込んで欲しいと思います。

ちなみにギャラリーは
手製本オリジナルノート・ステイショナリ―を製造販売されている
lleno(リエノ)さんの2階で開催されているのですが
このllenoさんのノートも素晴らしいので
一緒に楽しんで頂ければと思います。










  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:08Comments(2)お薦めの展示会

2009年08月09日

from カナダ 山本博 展


山本博展DM


私がカナダのトロントで大変お世話に成った
山本博さんが故郷の滋賀県彦根で個展を開催されております。

カナダの風と光Ⅱ/日本画・パステル
山本博展
2009年8月7日~17日
午前10時~午後6時
ギャラリー近江 
 522-0009 滋賀県彦根市外町83 tel 0749-22-1200 
JR彦根駅よりタクシーで5分。徒歩18分。

山本さんはカナダで活動されてる日本画家で
氏の個展をトロントで見、私の作家活動が始まりました。

氏には作家という仕事の事、作品の作り方、考え方
様々な事を教わりました。

こちらにもその頃の事を書いてます。

以下アーティストHPより
山本 博(ヤマモト ヒロシ)
1948年滋賀県生まれ。京都産業デザイン研究所及び京都日本画専門学校卒業。
山本六郎氏に師事。1974年カナダに渡り、デザイン、西洋画、中国画等を学んだ。
1992年トロント大学ビクトリアカレッジで初の個展。
以降国際交流基金トロント 文化センター、モントリオール植物園日本館な20数回の個展
、グループ展を開催。 トロントART EXPO、パレットギャラリー、
日本のギャラリー近江で定期的に作品を 発表している。
その作品はカナダ、アメリカ、イギリス、日本で所蔵されている。
 画材には日本画の顔彩、岩絵具、墨、パステルなどを使用し和紙に描く。
詩情あふれる花や風景は近年愛好家の支持を得ている。

是非多くの方にご覧頂ければと思います。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:07Comments(0)お薦めの展示会

2008年12月09日

クリエイターズマーケット


先週末リサーチも含め
名古屋ポートメッセで開催されておりました
クリエイターズマーケットhttp://www.creatorsmarket.com/
に行ってきました。

名古屋は今まで数回程しか行った事がありませんので
味噌カツや手羽先も楽しみに行ってきました。

東京ビックサイトで開催されてます
デザイン・フェスタhttp://www.designfesta.com/index.html
と並ぶ大規模な催しの様ですので
一度覗いてみたかったのです。





先ず会場の広大さに驚かされ
ブースの多さに溜息が出ました。
イベント参加者が3000人と言いますからスゴイもんです。

会場は招待作家をはじめ、職人、工芸、ファッション
アート、イラスト、雑貨、ライブにファッションショーまで
ありとあらゆるクリアイターがギッシリ詰まっておりました。





私好みの靴や帽子
ステンドガラス等々・・物欲もチョコチョコくすぐられましたが
新しいエネルギーも頂いて来ました。

なんと言いましても、画像では紹介出来ませんが
招待作家のcoppers hayakawaさんと色々とお話をさせて頂き
アートイベントに対する姿勢や
作品に対する考え、今後の活動等
多くの事を勉強させて頂きました。
もしよかったら検索してみて下さい。
今回私がずば抜けて面白いと思った物を作ってらっしゃいますから。
(オリジナリティー、想像性、ディティール全て良かったです。)

しかしながら普段、人の多いとこにはなるべく行きませんので
さすがに人酔いしたのかグッタリに成ってしまいました。

味噌カツとひつまぶしは最高でした。








  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:49Comments(2)お薦めの展示会

2008年09月22日

初田寿展


「初田寿 展 DM」

以前も紹介させて頂きましたが

京都のギャラリーSUZUKIでの個展を拝見し
大いに感銘を受けました初田さんの個展が
現在、本拠地神戸で開催されております。

初田寿展
開催中~9/28(日) 22日休廊 
11時~18時迄
於  トアロード画廊

白の画面に厚塗りのアクリル絵の具の白線が勢いよく描かれ
少しの色が入ったり、小さな黒の点があるだけのシンプルな作品。
非常に感覚的でもあり、普遍的な計算された空間な様でもある。

ある意味、私のしたい事をやってくれてる様な作品群です。
どうぞ、初田さんの静かな世界に引き込まれて下さい。

トアロード画廊HP http://homepage.mac.com/doi.m/torroad-gallery/index.html
               (C o n t a c t s に地図があります。)

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:12Comments(0)お薦めの展示会

2008年06月29日

漆芸と名物裂


現在京都のGALLERY恵風にて
開催中~7月6日まで(月休廊) 
12:00~19:00(最終日18:00迄)
栗本夏樹新作展ー装飾する魂Ⅱー」が開催されております。

栗本夏樹さんは京都市立芸大の漆芸科で教鞭とられてる方なのですが
作家活動も活発な方で海外でも活躍されておられる
作品、人物共に尊敬する方です。

初めお目に掛りましたのは
知り合いのカナダ人漆芸家のアンドリューが
京芸に留学に来た折にこの栗本先生の元でお世話に成り
私も色々と漆に付いて教えて頂いたのがきっかけでした。

本展では日本の名物裂からヒントを得た小品の作品を主に
車のボンネットに装飾した作品等約20点を展示販売しております。

是非漆の新しい価値観に触れて頂きたいと思います。



下記のギャラリーHPにも写真が数点ございます。
GALLERY恵風 http://keifu.blog86.fc2.com/














  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:56Comments(0)お薦めの展示会

2008年06月25日

白い絵画



現在京都東山三条通蹴上(ウエスティン都ホテル京都 向い)
のGALLERY SUZUKI(ギャラリースズキ)にて
6/24(火)~7/6(日)  30日(月)休廊
初田 寿(ハツタヒサシ)を開催しております。



本日私も立ち寄らせて頂きましたが
全体的には白い凄く気持の良い空間ですが
しかし、行き届いた作品空間のセンスに
完全に引き込まれてしまいました。

良い線で、良い空間。
匙加減も丁度良く
私には「ビンゴ!」といった作品群です。

作家は長年神戸で絵画教室をされてた方だそうですので
これまで様々な作風を通られた後の
このシンプルさなのでしょう。

ここまで私好みの作品なんてそうそう出会う事などありませんので
嬉しくなって、笑ってしまいそうでした。

是非多くの方に足を運んで頂き
私の感動を体感して頂きたいと思います。
GALLERY SUZUKI http://keage-g-suzuki.com/






  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 05:01Comments(2)お薦めの展示会

2008年06月12日

「泉屋宏樹の世界」展


作品 「hana」 泉屋宏樹氏制作 銅板エンボス加工

大阪で活動されている
グラフィックデザイナーであり、銅版画家である
泉屋宏樹氏が東京・阿佐ヶ谷で個展を開催しております。

『グラフィック・デザイナー泉屋宏樹の世界』展
2008年5月1日~7月30日
10:00~22:00 定休日/ 毎月第4月曜日
@東京岩盤浴 http://www.tokyoganbanyoku.jp/
(HP左側中段 アートライフ に紹介あり)


個展DM

私の今までのDMデザインは全てこの方にお願いしているのですが
いつも繊細なカッコイイのを作って頂いてます。

今回は氏の制作した銅板画はもちろん
デザインされたT-シャツやジュエリーケース、湯たんぽまで
展示販売されている様です。

お近くの方もしくは東京へ行かれる予定の方
是非、足をお運び頂けましたらと思います。

泉屋氏本人は 6月14日(土)と7月30日(水) 会場にいらっしゃる様です。








  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:48Comments(2)お薦めの展示会

2008年02月14日

「妙凛さんの紙の結晶」展


以前コラボで紹介してました
切絵(紙の結晶と呼んでるそうですが)の作家妙凛さんの個展が
現在開催されております。

私の他数人の書家さんとも一緒に仕事をし
その作品も展示されている様です。

祥細は以下にて
{第ニ回紙の結晶の世界展「誕生・光・命」}
会期;2月12日(火)~17日(日)
会場;びわ湖大津館(大津市柳ケ崎)
時間;13:00~19:30
(最終日のみ10:00~17:00)

妙凛さんオフィシャルブログ http://blog.goo.ne.jp/myourin/
会場のびわ湖大津館    http://www.biwako-otsukan.com/

私も週末に伺う予定でおります。
興味ありましたら是非会場に足をお運び下さいませ。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:19Comments(0)お薦めの展示会