Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2016年01月07日

新春「egaki初め」展・神戸

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の年賀状にはこんな感じで・・・さるのとし

早速ですが新年のグループ展に参加させて頂きます。
egaki初め」 
日時:2016年1月8日(金)~17日(日)
    11時~18時 会期中無休
*オープニング新年会:1月9日(土)15時~18時
*私は9日、10日、12日、13日、17日に在廊しています。
会場アート○美空間Saga 
    神戸市中央区下山手通2-13-18観音寺ビル1F
    tel 078-321-3312

まさに私にとっては書き初めなのですが、他のアーティストさんには描き初めですよね。
と言いましても絵画だけでなく、バックやテキスタイル、ジュエリー、立体、インスタレーション
キネティックアートという動く作品までありますのでナニゾメに成るのか分りませんが
とりあえず17名のアーティストによる展示会です。

今回はそれぞれの作品が音楽をテーマにしていまして
音楽と作品がリンクする様に成っています。
なので「この作品の音楽を・・・」と言って頂ければ聞く事ができるという企画に成っています。

私は普段から音楽を聴きながら制作していますし
音楽から作品をイメージする事もよくあります。
最近はお気に入りの喫茶店があり、蓄音器のSP版レコードからクラシック、ジャズ
昭和歌謡まで聞かせてくれ、「雨のイメージで」とリクエストすれば
色んなパターンで聞かせてもらってイメージを膨らませたりもしています。

という訳でいつも通りの制作ではあるのですが
普段は聞いて頂く事の無い作品の奥にあるリズムを感じて頂ける企画に成っていると思います。
数あるお気に入りの中から厳選した3曲をテーマに新作3作品を用意しましたので
是非々々音楽と一緒に楽しんで頂ければと思います。
参加アーティストの情報はこちらをご覧ください。
(ちなみに私の作品画像はイメージとしての過去作品なので出品作品とは異なります)
その内の一曲はコチラ↓ ポロポロポロしたピアノがたまんない・・・。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 05:09Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年12月29日

2015年のお礼と来年の予定。

2015年も無事に終えられそうです。
去年の出来事と思っていた事が
ブログを見直して「ああ・・今年の事だったのか」と思う事も幾つか。

という訳で、いつもは月日が流れるのは速いモンでとよく言いますが
今年はなぜか長く感じていて、なんだか得した気分です。


毎年旅行会社CSセンターさんカレンダーのビジュアルに
作品を使って頂いているのですが
画像を改めて探してみると今年の作品が少ない!
確かにグループ展は幾つかありましたが
個展は1回でしたしね。
どうもデザインのお仕事が今年は多かった様です。

墨屋さんの製造見学から、墨を改めてキチンと使おうと見つめなおし
すった墨をどうすれば布に使えるのか研究をし作った
TRINITASさんとのコラボ服。
泉鏡花作品の絵本化第三弾「朱日記」の発売があり。
男前豆腐店さんの商品の文字を書かせて頂き
大阪のギャラリー佑英さんでは初めてのパフォーマンスで
ギャラリーを墨の空間にしてしまいました。
カナダ時代からお付き合いがあったすぎはらけいたろうさんとも
初めて一緒にビルのお仕事も出来ましたし
ホルモン串焼き屋さんもできました。
最終的にはアイドルのNMB48のお仕事まで・・・。
ワークショップも幾つかやらせて頂き、多くの方に「楽しかった!」と言ってもらえましたし
何より大切な人と沢山出会う事が出来ました。

初めての事も多くありましたが、色んな事に挑戦させて頂き
振り返るとホント楽しい一年でした。

来年は早速1月8日~17日の神戸でのグループ展がありますし
末には海外からの高校生104人のワークショップ。
男前豆腐店さんから新たに4商品とオリジナルグッズの発売。
7月には神戸での個展と、調整中ですが9月には再びイギリス・ウェールズでのアートイベントも控えています。

楽しみはまだまだ続きますので
どうぞお楽しみに。

色んな方と出会いお世話に成った一年ですがホントにありがとうございました。
2016年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

さあ年賀状やらなきゃ!!!

  
  • LINEで送る


2015年10月12日

個展-調-ありがとうございました。

大阪のギャラリー佑英で開催しました
個展「調-上田普作品展」 無事に終了致しました。

多くの方にお出で頂き
パフォーマンス前、その後の雰囲気の変わった様子もと
複数回お出でいただいた方までいらっしゃるほどで
ほんとにありがとうございました。

文字を書かない作品展という事も初めてでしたし
ライブパフォーマンスも初めて。
もちろんギャラリーの壁面に書くなんて・・。
多くの事に挑戦させて頂いたギャラリー佑英さんにも感謝しつつ
それをストレートに楽しんで頂いた多くの方に感謝致します。

さて本展の様子をアーカイブでご紹介。

先ず設営。壁面の寸法を測り、紙を切り、表具をする様にデンプン糊で全面に紙を張りました。


白い空間にパネル作品を展示。
距離感がおかしくなるほど、浮遊感のある空間でした。


初日の夜のライブパフォーマンス用の墨の用意。
墨の香り、濃淡、作業も楽しんで頂こうと4時間程掛けて摺っていました。

パネル作品を取りはずし、キャンドルの灯りの中でのライブパフォーマンス。
3種類の筆を徐々に大きくしていき、文字は書こうとしつつも途中で止めたり
文字の様な線を書き連ねていきました。
書き終わった後はハーモニカの演奏。
これもリズムを取らない様に音を連ねていく様なイメージで演奏しました。
このライブ、予定よりも早く初めてしまったらしく
あまり見て頂けなかった方もいらっしゃった様でホントに失礼致しました




パフォーマンス後にパネル作品を展示した風景。



靴跡や墨の跳ねた感じも面白い。



作品「深」


作品「浮」


作品「静」


作品「貫」


作品「転」


作品「破」


線にこだわったのは今まで通りですが、墨色にも気を配りました。
作品に使ったのは20~30年ほど経った紙、と墨で
硯を丁寧に掃除した後に墨を摺り、粒子が結合しない内にと
摺りたての新鮮な墨を使っていきました。

墨屋さんにも墨色は褒めて頂けたので、上手く使えたのだと思います。

壁面に書いたモノとの相性はどうかと考えていましたが
想像以上にマッチしてくれてますよね。

また先日のファッションブランドTRINITASとのコラボレーションした服も
展示していましたので、興味ある方には着て頂き
ファッションショーもよく始まりました。
これが会場の作品と溶け合って、作品の一部に見えるから面白い。





またこの会場が写真栄えするので、ホントのモデルさんの撮影まで。

とまあこんな感じの展示でした。

私としましては真向勝負の様な今回の個展。
思ってた以上に皆さんに伝わり、楽しんで頂けた様で胸を撫で下ろしました。

ギャラリー佑英さんでの個展はまた2年後に開催する予定に成りました。
次は何をするのか、やり切った後で今は全く思い浮かびませんが
またその時の新しい挑戦をやらせて頂きたいと思います。
どうぞお楽しみに。     ありがとうございました。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 04:02Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年10月07日

個展「調-しらべ」開催中


現在大阪のギャラリー佑英にて開催中の個展
調-上田普 書作品展
連日多くの方にお出で頂きありがとうございます。

初日3日の夜はオープニングとしてライブ書をさせて頂きました。
ホワイトキューブなギャラリー全面に紙を張り
初めは白いスペースにパネル作品を展示していたのですが
それを取り外し、照明を落としキャンドルのみの光源の中で。

墨の香りや墨色の艶めかしいテカリ、濃淡も感じて欲しいので
4時間ほど掛けて墨を摺る事もパフォーマンスのひとつと思い
中央で摺っておりました。

正直文字は書いていないのですが
それも今回の「調」のコンセプトのひとつ。

しかしライブ中は言葉も思い浮かぶので
それらしい言葉も書きかけるのですが、途中でやめたり
言葉、文字に成らない線を書き続けました。

とはいうものの実際はほとんど必死でよく憶えていません(汗)。
どう終わったのかさえも憶えていないのですが
筆を置いた後は、ハーモニカの演奏。

これもコンセプトの「調」をイメージして
リズムをとってノリノリにならない様に「音」を意識して奏でました。

私にとって良かった事は
暗い中でやったので、お客さんがあまり見えてなくて
意識しないでやれたのですが、終了後の乾杯の際に皆さんに中に入って頂くと
ホントに多くの方にお出で頂いてて、改めて驚き!
きっと見難い方も多くいらっしゃったのでしょうが
一様に楽しんで頂けた様でひと安心したのでした。

このライブのモノも引き続き展示した上に
パネル作品も展示して9日(最終日17時まで)まで開催致します。

ライブにお出でになれなかった方もその臨場感は
今も残したままにしておりますので
是非会場まで足を運んで頂き、墨に彩られた空間を楽しんで頂きたいと思います。

また先日TRINITASとコラボレーショーンした服も
展示しておりますので一緒に楽しんで頂ければと思います。


ファッションショーが始まったりもします(笑)。

(今回は色んな方々に撮って頂いた写真を拝借させて頂きました。ご協力ありがとうございました)

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:15Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年09月26日

個展-調(しらべ)-上田普 書作品展

TRINITASのコラボ展も開催中ですが
来週10月3日(土)~開催の個展のご案内です。

------------------------------------------------------
調(しらべ)-上田普 書作品展
会期:2015年10月3日(土)~9日(金) 会期中無休
     12:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:ギャラリー佑英 http://www.gallery-yuei.com/
    大阪市西区江戸堀1-23-14新坂ビル1階
    TEL:06-6443-0203
 会期中はずっと在廊しています。
-----------------------------------------------------------
墨で書いた線や点。
これが集積し文字に成り、言葉になる。
言葉に成る前の原始の存在。

音符で言うとひとつの♪であるが
奏者にとってこのひとつが全てである事もある。

ひとつの線が
その先の調を奏でる。


このギャラリー佑英(ユウエイ)さんで個展をさせて頂くのは初めてなのですが
いつも物静かでジワッと伝わってくる作品を展示されてて
その作品の大らかさ、存在の大きさにその人自身を感じて
ここ最近大きく影響を受けています。

自分でも制作していて
作品って良い所しか見せていませんよね。
でもイイ風にみせていても、そんなモノすぐに見破られる所ってあるの思うのです。
私にとってこのギャラリーはそんな場で
だからこそ
エエカッコしないで裸でぶつかりたいと考えました。

だから今まで避けていたライブでも書きあげます。(3日19時~)
作品も当たり前な事ですが(笑) 墨、紙、筆のみで仕上げ
その魅力を十分引き出せる様、今までとっておいた紙、とっておきの墨を使って表現します。

ギャラリーからも「好きな事やってもイイよ」とお墨付きを頂いていますので。
その大らかさに思いっきり甘えて
ホントに好きな事を我儘にやらせていただこうと思います。
独りよがりなモノに成ってしまうのかも知れませんが
どうぞ足を運んで頂き、墨の空間にたたずんで頂ければ嬉しく思います。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:36Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年09月22日

墨の服の第二弾3(TRINITAS 5th Anniversary)

現在開催中(~27日)のTRINITAS 5th Anniversary
今日はブラウスと“つなぎ”のご紹介。

ブラウスはメンズ、レディース共に
線の細いのと太いのを用意しました。

メンズシャツ「はな」20,000円
以前のコラボでは長め丈のシャツでしたが
今回はプルオーバータイプ。
こちらは線の細いパターンで
中央から右に「は」、左に「な」なのですが・・・読めないか(笑)。

レディースブラウス「はな」20,000円(まだカフス部分付いていません)
こちらは左から「は」「な」と思い切って書いています。
白と黒のコントラストがハッキリしているので
TRINITASさんのパターンの面白さが引き立つのではないでしょうか。


こちらは出口春菜さんのレディースブラウス

こういう所がたまんないでしょ。?

TRINITASさんの作る服全体について言える事ですが
よく見てるとデザインだけでなく縫製にも
TRINITASさんのこだわりが見えます。
例えばボタンホールのつけ方。

普通ならミシンでボタンホールのステッチをつけて真ん中を切るという
手法になると思うのですが
左右から二枚の生地を合わせてボタンホールを作っています。
だから生地を切っていないのですよね。
私の持っているチョット高いシャツでもそんな手間な事はしていませんでした。

「手間を惜しまない」という事は、なかなか難しい事で
モノ作りをする人間としてはよく分かりますが
仕事として採算や効率を考えると省略されていく事が多く
仕方ないとして目をつぶる事がほとんど。
でもそれをしないTRINITASさんの正直さがこういう所を見てもよく分かります。

さて、次は「つなぎ」です。

レディースジャケットLつなぎ「大地」

同背面

前回ご紹介しましたジャケット、ベストとパンツは「つなぎ」になると
言っていましたがコレがその状態。
墨部分が上下で左右に入れ替わる様に考えました。

この「つなぎ」にもなるというTRINITASさんのデザインが
非常に頭を悩ませました。
ジャケットだけ、パンツだけとしても成立しないといけませんし
「つなぎ」に成ってもひとつデザインとして意味を持たせないといけない。
色々苦心しましたが、思ってた通りに仕上がりました。


出口さんのメンズのつなぎ状態
こちらは下からの花柄がつづくデザインになっていたのでした。

対照的ですが
出口さんのも花の散らし方や空間の使い方に和風なテイストが感じられません?
先日の帰り道、ふたりで「良いのができたね~」と言っていたのですが
参加させてもらった二人のアーティスト共に納得の仕上がりです。

私は23日と27日、出口さんは27日に居りますので
是非々々TRINITASまで足を運んで頂き色んな着方を楽しんでみて下さい。
  
  • LINEで送る


2015年09月20日

墨の服の第二弾2(TRINITAS 5th Anniversary)

さてさて始まりましたTRINITASさんの5th Anniversaryコラボ展。
開始早々にパンツ2点にオーダーが入ったそうで
上々のスタートに成りました。

昨日ご紹介できなかったジャケットも見事に仕上がっていました。

レディースジャケット「大(地)」Mサイズ 53,000円
墨色のグラデーションが右側の身ゴロに入り
対角の左袖に線が飛んでいます。

それの後姿。途中で墨を終わらせて白を引き立たせました。


こちらはメンズジャケット「天(空)」Mサイズ 53,000円
こちらも同様に左袖に墨の線を入れ
TRINITASさんのデザインの縫いこみ襟ラインが
引き立つ様に考えて身ゴロの墨を入れています。


前回のパンツのベルト部分や、ベストの下部分
このジャケットの下部分の切り返しが気に成る所だと思いますが
ここにはファスナーが付いていて
ベストやジャケットがパンツと一体に成り、「ツナギ」として着られるデザインになっています。
こういう所がTRINITASさんらしい所。

そしてこちらが出口春菜さんのレディースジャケット。53,000円
グラデーションに配置されたグレー、ゴールドの花柄が可愛らしい印象。
店内にも出口さんの作品が展示されていますが
作品そのままの印象が服に反映されていました。

またこういう所がニクイ!


店内風景。出口さんのメンズパンツと私のレディースベスト。


9月23日(水・祝)は私も会場に居ながら
11:00~17:00の間は妻のレザークラフトopen sesame.による
コースターやキーホルダーにレザーカービングをするワークショプも行います。
費用:3,000円/要予約(受付TRINITAS mail: inae@kha.biglobe.ne.jp または tel: 075-708-5719まで)
数に限りがありますので
是非お早めにご予約の上ご参加頂ければと思います。

レディースジャケットMサイズが私にはぴったりでした(笑)。

TRINITASでお待ちしています。




  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:51Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年09月19日

墨の服の第二弾(TRINITAS 5th Anniversary)

ファッションブランドTRINITAS(トリニタス)さんとのコラボレーションの第2弾が
本日から始まりました。  前回の様子はこちら
------------------------------------------------------------------
2015年9月19日(土)~27日(日) ・・・24日(木)定休日
営業時間:11:00~20:00
*記念ワークショップ:23日(水・祝) 詳しくは下部で。
----------------------------------------
TRINITASさんが5周年を迎えるという事で
今回はさらにパワーアップしてジャケット、ベスト、パンツそしてブラウスの制作と成りました。
また今回のコラボは私と、銅版画家の出口春菜さんもシルクスクリーンで加わり
二人のアーティストがTRINITASさんとコラボレーションをする形と成っています。

私のはジャケット(53,000円)、パンツ(37,000円)を合わせて
メンズは「天空」、レディースは「大地」
ベストはメンズ、レディース共に「水」(42,000円)
ブラウスもメンズ、レディース共に「はな」(20,000円)と書きました。

「天と大地に包まれて水があり、花(はな)が咲く。」
「はな」と書いていますが、イメージは「人」なのです。

メンズベスト「水」 
テーラード的なデザインですので白シャツに合わせるとイイ感じ。
白シャツと比較して頂くと生地がクリーム色なのが分かると思います。


襟のディティール。タグには私のメガネ印とのダブルネーム。

レディースベスト「水」
わき部分が広く開いているデザイン。
メンズとレディースでは「水」の縦線位置が違います。

メンズパンツ「空」・・部分。 
左足部分のみに墨を入れました。

レディースパンツ「地」うしろ
こういう墨色のグラデーションを出したかったのです。
パンツの形はサルエルタイプ。


書きました・・と言いましても
読めるようには書いていません。
前回のシャツは一色の墨色で表現しましたが
今回は2色の墨色で表現しましたので
一文字の中に2色の墨色と成り
余計に読む事が困難に成りました(笑)。

なので文字を描いたと思って頂ければ・・・。


うってかわって出口さんのメンズパンツ。
黒、グレー、ゴールドの花柄が全面に。



レディースパンツは柄がグラデーションに。
ポケット部のワンポイントがクスグります。


こちらはレディースのベスト。
襟部分の切り返しが上手い!


シルクスクリーンの手法を使いながらも出口さんの作品もモノクロのイメージがあり
なんとなく琳派な感じがするのは私だけでしょうか?

とにかく対照的な服が完成しました。
(撮影時ジャケット&ブラウスは制作中の為、撮影できず)

今回の商品はメンズ、レディース共にM,Lサイズを一着ずつのみの展示ですが
試着頂き、気に入って頂ければ制作していくという手法にしています。

デザインから縫製までを行うTRINITASさんですので
多少のサイズ変更やデザイン修正も行う事が出来ますので
ご試着時におっしゃって頂ければ、それにお応えできると思います。

私も23日(水・祝)と27日(日)は会場に居りますので
ぜひお店まで足をお運び頂ければと思います。

また会期中の9月23日(水・祝)は11:00~17:00の間
open sesame.さんの協力で
コースターやキーホルダーにレザーカービングをするワークショプも行います。
費用:3,000円/要予約(受付TRINITAS mail: inae@kha.biglobe.ne.jp または tel: 075-708-5719まで)

あまりない機会だと思いますので
ぜひ事前にご予約の上ご参加下さい。

また撮影ができましたら、ジャケット&ブラウスもご紹介致します。

TRINITAS  HP: http://r.goope.jp/trinitas/top
             京都市中京区油小路通り三条西入る宗林町82番地
             阪急「大宮駅」より徒歩10分、京都市営地下鉄「二条城前」より徒歩5分
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 12:06Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年09月06日

秋の展示予定と写真展に参加

今年の秋はアレヨアレヨと予定が詰まり何だか慌ただしく成ってしまいました。
展示予定はホームページのNewsにアップしましたので
ご確認頂き、お近くの際はお出で頂けますと嬉しいです。

さて
先ずは来週から始まる写真展のお話。
---------------------------------------------------------
「ファインド・アイ 現代・文人光画展」
日時:2015年9月9日(水)~13日(日)
    10時~18時(最終日17時まで) 入場無料
会場京都文化博物館 5階
------------------------------------------------------------------
これは写真家ではない京都ファインダー倶楽部の写真展で
普段はファションデザイナー、高校教師、医師、画家、表具師である様な方々が集った
今回で20回目の開催となる写真展なのですが
私も今年から参加させて頂くことと成りました。

私が写真・・・?と思われるかも知れませんが
十数年前に中国に居た頃に買った中国製の「鳳凰」というカメラを
きっかけに少々ハマった時があるのです。

その鳳凰という露出計も無いレンジファインダーカメラだったのですが
まったく思うように撮れず、いくつもフィルムを無駄にしながら
絞りや、シャッタースピードというモノを知り
もちろん露光計なんて存在も知る訳もなく
勘で調節しながら撮る事を楽しんでいました。

その頃のお気に入りのひとつ
中国大同の雲崗石窟での写真です。

石仏の光の当たっている所だけを写し取り
影の所は黒くしたかったのが、狙い通りにいった成功例。

もちろんデジカメの様に撮って確認する訳にもいかず
旅行から帰るとフィルムをまとめて現像に出し
多くがブレてたりする中、この写真が帰って来た時はガッツポーズでした。

そんな訳で写真が好きになり
カメラも好きになりました。

今回の展示では以前から取り組んでいるサイアノタイプの
技法を使った人物写真を展示しようと思っています。

京都文化博物館内の前田珈琲には私の屏風作品も展示されておりますし
普段お世話に成っているarton art galleryも別館内にございます。
どうぞお近くの際は足をお運び頂ければと思います。

9日(水)午前中と12日(土)には会場に居る予定にしています。







  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:43Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年07月30日

四国大学書道文化学科教員展

先日のライブでは暑い中、多くの方にお出で頂きありがとうございました。
最近は100名近くの方にコンスタントにお出で頂けるので
会場も盛り上がって、私達も楽しいです。
今回はダメだったという方もまた是非宜しくお願い致します。

さて今日は
私が非常勤をしている徳島の四国大学書道文化学科の教員展のお知らせです。
---------------------------------------------------------------------------
四国大学書道文化学科教員展
日時:平成27年8月1日(土)~5日(水)10:00~17:00
会場四国大学交流プラザ3階キャンパスギャラリー
〒770-0831 徳島市寺島本町西2丁目35-8
TEL : 088-602-4858
--------------------------------------------------------------------------
私は一点のみの出品ですが
常勤の先生方の作品も多く見られますので
お近くの方は是非お立ち寄り下さい。

私が出品したのは

「いのり」 シルクスクリーン 大理石粉 黒谷和紙

見知ってる方もいらっしゃると思いますが
震災の年に制作した作品です。

部分拡大

実際によく見て頂くと、この作品の線は細かい白い砂で出来ています。
一粒ひと粒が合わさり線に成る。1人ひとりが成すスベを失い
ただ祈る事しか出来なかった震災の年に制作した作品です。
見た目はなんとなく「手を合わしている」風にも見える様に書きました。

何となく過ぎていてはモッタイナイこの時間を有意義なモノとして
もう一度考えて欲しいと思い
教員展ではありますが
学生達へのメッセージとしてあえて今コレを出品しました。

この作品は縮小しペンダントやピアス等のアクセサリーにも展開し
いつでも身に付けられるモノとしても制作しました。
(アクセサリーは展示していません)


ピアス

ブレスレット

ペンダント
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:07Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年04月20日

コラボシャツ完成!&ワークショップ開催

以前ファッションブランドさんとコラボレーションの企画が・・・
書いていましたが。
それがようやく形に成りました。

題して「纏書 TENSHO」

纏の字難しいですよね。纏う(まとう)って字ですね。
「書を纏う」って訳で纏書。               DM                  DMデザイン iD泉屋宏樹



レディースブラウス「海」 Mサイズ
  
・メンズシャツ「空」  M / L
・レディースブラウス「海」 M / L  の全4サイズで
 一点づつ書き上げた全20着の限定商品です。
 cotton 100% Price/ ¥21,000(税込)
取り扱い: TRINITAS (トリニタス)HP http://r.goope.jp/trinitas/top
        営業時間 11:00~20:00 木曜休業


この為に一からデザインをおこなって
メンズ、レディースのどちらもカッティングと縫製にこだわった立ち襟。
両サイドにポケットをつけて、少し長めの丈でレディースはAライン。
メンズはボックス型になっています。

そして永遠を意味する「青色」を持つ
メンズは「空」、レディースは「海」の字を正面左側から後にかけて
青墨で1点づつ書きあげました。
(制作の苦労話なんか沢山あるのですが、それはまた・・・こんど。)

できあいのモノに書く訳ではなく、書いてから縫製という
手順ですので、それでしかできないデザインを考え
とっておきの1枚が完成したと思います。
 販売は5月6日からTRINITASさんの店頭で
それぞれがオリジナル作品ですので、一点として同じモノはありません
是非見比べてお選び頂けたらと思います。

またこの完成を記念して
TRINITASさんのショップの方でワークショップを開催致します。
------------------------------------------------------
「新作記念ワークショップ」
日時: 2015年5月6日(水・祝) 12:00~17:00
内容: 墨で描く文庫本ブックカバー制作。
     紙の上での練習後、直接ヌメ革(牛革)に墨で描いて頂きます。
     その場で刻印で名入れ、縫製してお渡し致します。  
費用: 4,000円 
要予約:TRINITAS(トリニタス)mail: inae@kha.biglobe.ne.jp または tel: 075-708-5719まで)
場所:TRINITAS 京都市中京区油小路通り三条西入る宗林町82番地
     阪急「大宮駅」より徒歩10分、京都市営地下鉄「二条城前」より徒歩5分
・制作時間は1時間程度ですので、ご予約時にご希望のお時間をお伝え下さい。
・道具はこちらでご用意致しますので、手ぶらでどうぞ。
協力:ハンドメイドレザークラフトopen sesame.

--------------------------------------------------------------------

どうぞ沢山の御来場をお待ちしております。


  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 17:52Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年03月18日

春は京都で現代アート三昧。



現在京都市内数か所を会場にPARASOPHIA(京都国際現代芸術祭)が開催されてて
世界で活躍されてるアーティストの作品を直に体感できますが
それに平行して様々な催しも進行していますよ。

私のお世話に成っている京都文化博物館別館内arton art galleryでも
「See Visions展-未来を創る-」が開催中で私も参加させて頂いています。
ジャンルは書、絵画、彫刻、漆芸、ガラス、陶器等で
これまた個性的なアーティストの一堂に展示されています。
また新しく「アトリエ左馬寮」も開設され、ギャラリーコレクションの作品も展示。
私の2008年の「源氏物語のをんな」シリーズの作品も一点展示されていましたよ。

昔の作品は今の自分にはどう見えるのかと心配な部分もありましたが
「へ~エエヤン」と過去の自分に安心した次第です(笑)。

京都文化博物館はPARASOPHIA(パラソフィア)の会場の一つでもありますし
現在「京を描く―洛中洛外図の時代―」も開催中。
どうぞ一緒に楽しんで下さい。

「See Visions -未来を創る-」
日時: 2015年3月7日(土)~5月10日(日)  
     10:00~18:00(月曜休廊/月曜祝日は開廊、翌日休廊) 
     *アトリエ左馬寮は土・日・祝日のみ開場
会場: 第一会場 arton art gallery 京都文化博物館 別館
     第二会場 arton art gallery アトリエ左馬寮 ( 中京区旧二条通御前通東入ル)

他にも、京都の様々なアートギャラリーや芸大がPARASOPHIAに合わせてそれぞれ個性的な企画展
開催していますし、超京都art kyoto2015も4月には開催予定。
2015年の春の京都は桜だけじゃないですよ。


  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:15Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年03月11日

墨に20彩「声」。KANOJYO展終えました。


「声(voice)」 作品サイズ:81×136(㎝)
(仮表装の為、今後額装や屏風、軸にも変更可能)

大阪・中崎町のイロリムラで開催していました「KANOJYO」展が
無事終えられました。お出で頂いた皆さまありがとうございました。

本展はアートコレクターである曽根原氏のチョイスで集められた
男性ばかり8人の作家による展示会でした。

はじめましての作家が多い中
洗練されたカッコイイ会場に仕上げられ
また素晴らしいお仕事をされてる皆さんと知り合えた事が喜びでした。

6日間の短い展示でしたので
お出でになれなかった方も多かったと思いますし
振り返るという意味も含めて会場と作品のご紹介です。

会場入ってスグ。手前は3Dプリンターで製作されたという奥田耕司さんの作品。
花の部分は針で支えられてるので、風でユラユラそよぎます。
奥壁面の女の子は今野雅彦さん。


壁面はイラストレーター新岡良平さんの作品。若い女子に大人気。
陶器は穴吹定春さん。上下で手を合わせているデザイン作品でマニキュアも使用。

ガラスの作品は奥島圭二さん。繊細で美しい作品。

彫金の清水範康さん。繊細さと素朴さを兼ね備えた作品。

陶芸の田中雅文さんの非常に洗練された作品。と私の「声」


今回の私の作品は墨色をどう出すのかを考えました。
水墨画では「墨に五彩あり」と言い
一本の墨で沢山の色が表現出来るという意味なのですが
言葉のまま5色としまして
時代の経た呉竹さんの油煙墨(茶系)と
人から頂いたこれも古い中国の松煙墨(青系)
両方使うと10彩。
硯も粗いのと細かいのを二面使って摺ると20彩。
と、成るのかな~と。そんな事を思い墨を用意しました。

また墨色が出やすい30年ほど経った十分枯れた紙を
引っ張り出してきました。

でもそれは用意しただけで
それをネラッて書くという事は今回はやりたくなくて
その結果どんなモノが出来上がるのか
乾けばわかる・・・という位の気持ちです。

題材は「声」
コンセプトは前回書きましたので省略しますが
生々しいモノ、生きたモノ、取りつくろう事のない様なモノを表現したかったのでした。

今までは削り出した様なモノを目指していたので
私にとっては新しい試みでした。
(分かりにくい差なのかも知れませんが・・・。)

これからも墨の事、紙の事、そして震災やテロの事もじっくり考えていき
作品に向かっていこうと思います。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 13:15Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2015年03月03日

グループ展「KANOJYO。」参加します。

大阪中崎町にありますIRORIMURA(イロリムラ)さんで
グル―プ展に「KANOJYO。」に参加致します。


---------------------------------------------------≪画像大きくなります。≫→
KANOJYO。
日時:2015年3月4日(水)~9日(月)
    12:00~20:00 (最終日は18時まで) 初日はプレオープンになります。
    *私は4日㈬、8日㈰、9日㈪は会場に居ります。
会場IRORIMURA(イロリムラ) 
    大阪市北区中崎町1-4-15
    地下鉄谷町線「中崎町駅」1番出口を出て、北野病院方向(南方向)へ。
    JR環状線の高架手前、セブンイレブンの角を
    高架に沿って右に入りすぐ。
    中崎町駅1番出口より、徒歩2分程度。
--------------------------------------------------------
今回は呉竹さんで墨に付いてお話を伺っただけに
墨にこだわり、その墨を生かす為
ある人から頂いた20年~30年経った貴重な古い紙を引っ張りだして
墨だけのストレートな作品を制作しました。
壁面を使う人が少ないので、全紙(縦60×横165㎝)の大きい軸の新作です。

グル―プ展のテーマは「KANOJYO」
彼女も含め、家族、友人、懐かしい人、恩人
そして震災や、テロの被害等、今の時代性も含め
メディアが報じる以外の小さな声を聞いていかないと、と思い
「声」という作品を制作しました。

墨だけの表現ってシンプルなだけに難しいのですが
自分でも久しぶりのヒットが出せたと思っています。(笑)

企画者を含め本展は9人の男達による作品展です。
新岡良平(イラストレーター)、根野雅彦(油画)
田中雅文(陶芸)、穴吹定春(陶芸)
奥田耕司(立体造形)、奥島圭二(ガラス造形)
清水範康(彫金)、曽根原豊人(企画・発起人)と私 上田普(書)
海外でも活躍されてる魅力的な作家さんが揃っていますよ。
参加作家プロフィールはこちら

どうぞお近くの際は御立ちより下さい。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 12:37Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年11月13日

新聞掲載。展示もあとわずか。

残り数日に成った「虎・TORA・トラ」展(~16日迄)
ギャラリー表風景


今回私の新作は虎の鋭い目線をイメージした
奥行きの感じられる作品を製作しました。

原点に立ち返り制作した墨の作品は
もう手に入らない様な古い画宣紙を用いたのですが
これの墨の入り具合が絶妙でしたので、墨もイイのを摺って
墨と紙のニジミを生かした作品を展示しています。

また見せ場は、正しくコラボレーションすることで完成したギャラリー奥の闇空間。
ホントに苦労して作ったモノですのでこれは是非ぜひご覧頂きたい!
(きっとココでしか出来ない展示ですので)

また三人のオリジナルグッズが入ったガチャガチャや
ステッカーも用意。


是非これらも一緒に楽しんでいって下さい。

新聞にも掲載頂きました。
神戸新聞

産経新聞

クリックして大きくご覧下さい。
私は15日(土)&16日(日)に会場でお待ちしています。
--------------------------------------------------------------
「虎・TORA・トラ」
日時:2014年11月6日(木)~16日(日) 
    11時~19時(会期中無休)
会場アート○美空間Saga
〒650-0011神戸市中央区下山手通2-13-18観音寺ビル1F
    Tel : 078-321-3312  
----------------------------------------------------------------------------



  
  • LINEで送る


2014年11月11日

トークイベント満員御礼「虎・TORA・トラ」

11月8日(土)のトークイベント「コラボる」
多くの方にお出で頂きありがとうございました。
お陰さまで満席の中で開催する事が出来ました。

対談形式でいこうと、お互い気に成る所は質問したり
脇道にそれたりしていると
1時間~1時間半程度と思っていたトークが結局2時間。
時計を見ながら進めていましたが
巻いて巻いてようやく2時間に納まったという感じでした。

普段話さない事や、なかなか聞けない事も
交えながらお話出来たのではと思います。

お客さんも長時間で少々お疲れかと思いましたが
「アッという間だった、面白かった」
「勉強に成った」というご意見が聞けましたので
胸を撫で下ろしました。

今回福山の株式会社虎屋本舗様にご協力頂いてこのトークイベント用に特別に制作頂いた
和菓子
「虎視眈々」



三人展「虎・TORA・トラ」も残り一週間を切りました。
限定グッズを入れたガチャガチャや、オリジナルシールも用意しています。
数に限りがありますので気に成る方はおはやめに。
私は11日(火)、12日(水)、15日(土)、16日(日)は会場に居ります。
ギャラリーのブログにもトークイベントの事が掲載されています。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 06:07Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年10月31日

「虎・TORA・トラ」トークイベント

今回神戸のSagaで開催する三人展では
11月8日(土)16:00~ トークイベントを開催致します。
「コラボる」 企業、異業種とのコラボレーション。その方法とヒント
と銘を打ちましたが
ほとんどこれは仕事の仕方と成るんじゃないかと思います。

デザインする。またはイラストやアートワークを制作するという事は
展示会以外では企業さんや個人の依頼を受けてという事に成ります。

または
新しい何かを作る時に
自分の技術だけでなく、他の業種の手を借りて制作する事があります。
私がアクセサリーや水槽を作った時もそう。
またPC上で出来上がったイラストを、アニメーションとして動かす編集をしてもらう。
グラフィックにしても印刷屋さんの手を借りないと何も出て来ませんよね。

そういうクライアントや異業種の方と一緒に仕事する事も
コラボレーションと言ってもイイと思うのです。

しかし、物の作り方、技術は教えてくれたとしても
誰もどうやってクライアントとやりとりをするのか?
異業種交流会なんて沢山ありますが
どうカラミ合えば面白いアイデアがでてくるのか
なんて誰も教えてくれません。

そう言った事はクリエイターそれぞれの考えや経験に基づくと・・・。

だったらその経験を積んだ三人が集まったんだから
そんな事を話してもらいましょうというのが今回の企画。

今回ご協力頂き、トークイベント中に召し上がって頂けます
和菓子の株式会社虎屋本舗さんや
画材のホルベイン画材株式会社さんとの事もありますが
今まで仕事をどうやってやってきたのか?
人と出会う為にどういう事をやっているのか?
一緒に飲みに行かないと聞けない様な話が出来ればと思っています。

是非、クリエイターを目指す人、クリエイターをやってる人
クリエイターと絡んで何か面白い事をしたいと思ってる人に
お集まり頂けたらと思います。

イベント終了後も少し時間を取っていますので
個々にお話頂いてもイイと思いますよ。
----------------------------------------
トークイベント「コラボる」 11月8日(土)16:00~ 
入場料1,500円(オリジナル限定和菓子&緑茶付)。定員30名で要予約。
アート○美空間Sagaまで宜しくお願い致します。
会場アート○美空間Saga
〒650-0011神戸市中央区下山手通2-13-18観音寺ビル1F
    Tel : 078-321-3312 
    mail : info@saga-beauty.com 
    HP : www.saga-beauty.com
----------------------------------------------------
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 18:52Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年10月18日

寅男三匹の「虎・TORA・トラ」

異色の三人展が実現しました。
その名も「虎・TORA・トラ」



↑チョット気持ち悪いかも知れませんがクリックすれば大きく成ります。

これは今年40歳をむかえる寅年の男三人のコラボレーション展です。

まず一匹目の虎は
グラフィックデザイナー泉屋宏樹http://www.id-izumiya.jp/
カナダで知り合い、ストリートでギターを弾いていた彼は
デザイン事務所「iD」を2008年に設立。
私の初個展からほぼ全てのDMは彼の手による物で
今までも二人展や、共に企画を考えグループ展を開催してきました。
最近は数作の装丁デザインを手掛け、アジアデザインアワードで2作の受賞
第47回造本装幀コンクールで読書推進運動協議会賞など輝かしい成績をおさめている。
絵草子 龍潭譚」 「絵本 化鳥
しかもデジタルだけでなく、銅版画という非常に繊細なアナログの作品も製作し
そのデジアナな思考を持って、いつもアイデアに溢れ、笑いに貪欲な総合プロデューサー的存在。

そして二匹目の虎は
イラストレーター上田バロン氏。 http://www.frlamemonger.com/
彼を初めて見たのは実はTVCMで自転車をカットバシていた。
私と親戚?と名前だけで言われる事もあるが全く似つかわない180㎝を超える大柄で
サングラスがトレードマークの一見イカツい、しかしその奥の目は暖かさが溢れている彼は
FR/LAME MONGER代表。デザインプロダクションを経て2000年に独立。
名前を挙げるとキリが無いが
最近では、布袋寅泰氏のロンドン・NYでのライブステージアニメーションのキャラクターデザインや
「会話型心理ゲーム人狼」のキャラクターワーク。ダンサーのSAM氏主宰のダンススタジオSoul & Motionのイメージビジュアル。
他にもEXILE & 倖田來未・Google・HONDA・KONAMI・McDonald's・モバゲー・NIKE・NHK・Perfume・SEVENTEEN・・・・等々、など々。
目の印象が個性的なイラストを描く彼だが
アイデアも豊富で、実行力も、行動力もハンパない切り込み隊長的存在。

そして三匹目の虎が私という訳です。
そんな三人の競演という事ですから
何か面白そうな雰囲気は十分伝わったのではないでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------
「虎・TORA・トラ」
日時:2014年11月6日(木)~16日(日) 
    11時~19時(会期中無休)
会場:アート○美空間Saga
〒650-0011神戸市中央区下山手通2-13-18観音寺ビル1F
    Tel : 078-321-3312 
    mail : info@saga-beauty.com 
    HP : www.saga-beauty.com
協賛株式会社 虎屋本舗 / ホルベイン画材株式会社 / 今泉版画工房株式会社

トークイベント「コラボる」
日時:11月8日(土)16時~ 場所:アート○美空間Saga 定員:30名
内容:「企業、異業種とのコラボレーション。その方法とヒント」
入場料:1,500円(作家企画限定和菓子&緑茶付)
要予約申込(電話またはメール:アート○美空間Sagaまで)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
数々の修羅場をくぐり抜けて来た三匹の虎話は
何が飛び出すのか私も非常に楽しみなのですが
三匹とも話好きなので長く成り過ぎない様に気を付けます。
是非ぜひお越しください。 




  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:20Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年10月06日

Sagaフェイバリッツ開催中と予告。

神戸のアート○美空間Sagaさんが5周年を迎えた企画展
「Sagaフェイバリッツ」。

大尊敬している栗本夏樹さんの漆作品と一緒に。
*栗本さんは今年作家活動30年の記念年として
現在ギャラリー恵風(京都)でも個展中

Sagaに縁のある10人の異ジャンルの作家の共演なのですが
この企画は
オーナーのフィバリッツ(お気に入り)作家が
これまたオーナーのフェイバリッツなモノ、事、色、写真、言葉、~フェチ等をテーマに
各作家が作品として表現した作品を一堂に展示した作品展に成っています。

これが見事に多彩な表現で面白い。
そんな多彩なモノが(アクセサリーから陶芸やガラス作品、グラフィックや墨絵まで。)
作家ごとにスペースを区切っている訳でもないのに
統一感を持って空間を見事に構成されていました。

是非々々お見逃しのありません様。

また11月6日~16日には同ギャラリーにて私と、お馴染みグラフィックデザイナーの泉屋宏樹
イラストレーターとして大活躍されてる上田バロン氏の
今年40歳の寅年三人衆のコラボ展を開催しますよ~!
これもどうぞ楽しみにしてて下さい!!


  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:08Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年09月30日

Sagaフェイバリッツ参加します。


作品「れんめん」

過去2度の企画展でもお世話に成っている神戸のギャラリー
アート○美空間Sagaさんが5周年を迎えるという事で
記念企画展「Sagaフェイバリッツ」が開催されます。

日時:2014年10月2日(木)~13日(月)
    11時~18時(入場無料・会期中無休)
会場アート○美空間Saga
    神戸市中央区下山手通2-13-18 観音寺ビル1階
    TEL  078-321-3312
-----------------------------
Sagaに縁のある異ジャンルの作家10人が
多岐に渡るSagaの美の壺=フェイバリッツ(愛・生・美・心・○○フェチetc..)
の中から各作家がテーマをチョイスし独自の感性でイメージ制作した
作品の展覧会です。アイデアと創造力をお楽しみください!
----------------------------------------------------------------- DMより

ギャラリーのフェイバリット(お気に入り)作家というだけあって
クオリティーの高いアーティストが集結していますよ。

上田恭子(テキスタイル)
上田普(書)
岡みちこ(エンブロイダリーアート)
栗本夏樹(漆造形)
丁子恵美(ガラス)
ハヤシジュンジロウ(グラフィックアート)
藤田有里子(ミクストメディア)
宮本信代(墨絵・水彩)
山田晶(陶芸)
山本祐嗣(油彩・アクリル)

今回展示する内の一つ「れんめん」は
透かし模様の入った和紙による掛け軸に成っています。

寸法の取り方も、和室に展示する為に重心を下方にするのですが
洋室にも似合う寸法を考えました。
またこの画像では見難いですが軸先は透明なアクリルを使って
モダンな印象のする仕立てに成っています。

実は、この企画展は3つのプロジェクトから成っていて
今回の展示会はプロジェクト1で。

・プロジェクト2は1月8日~18日に開催する若手作家によるコンペティション。
・プロジェクト3はそのプロジェクト2のグランプリ作家による個展を開催する事に成ってて
今回のプロジェクト1の売り上げの一部
プロジェクト3の制作支援金にあてられるという企画と成っています。

また今回集結作家はそれぞれ一万円以内の作品を2点出品する事に成っていますので
きっとお値打ちな作品も並んでいるはず。
お早めに足を運んだ方がイイかも知れませんよ



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 04:10Comments(0)個展・グループ展/Exhibition