Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2016年02月02日

墨を磨る楽しみ。硯(すずり)制作現場見学

教室で参加者を募って硯の制作の工房を訪れてきました。

以前、最近は墨を磨る人が少ないという話をしていましたが
すらないのだから硯を必要とする人も少なくなってきているのでしょうが
しかしながら、これから筆を持って・・と考えている人の中には
墨をゆったりと磨る様な時間を求めている人もきっと多いはず。

林京石さんの硯

実感として墨を磨って書いた方が墨色が美しいのはもちろん。
サラリとした書き心地
墨と硯の吸いつく様な滑らかな感触
すれてきた時の墨の艶感も見てほしいと思うのです。

墨は価格でおよその判断はつくのですが
硯は石ですので、その希少価値や古美術品的価値
有名無名で値段が上下するので本当に難しいモノ。
中国ので凄く良い有名な硯はあるのですが
これも偽物があったり、値段程じゃないモノがある事も事実。

正直どの辺りを買えばイイのかと悩むのですが
だったら日本の石の、日本の職人さんが正直に作ったモノ(和硯)を使えば良いんじゃないかと思うのです。
最近の職人さんはチョット洒落た硯も作っていますしね。

実はこんなに小ぶりで可愛らしい。小筆で書く程度ならこれで十分。

日本で有名な硯の産地は山梨の雨畑硯。
山口の赤間硯。高知の土佐硯。宮城の雄勝硯等がありますが
残念ながら今はどちらも職人さんが減ってきている様子。

今回伺った
京都の長岡京市で制作されている林京石さんは
雨畑で修業され、雨畑の石で製作されている30代のお若い方。

仕事場。

実演しながら御紹介下さいました。

師匠はもうお亡くなりになってしまったという事ですが
貴重な原石は師匠から受け継ぎ、自分の一生分位は確保しているらしいです。

雨畑の特徴は目が細かく硬いので
発墨良く、鋒鋩も崩れにくい、手のひらを当てるだけの湿気でも
吸いこまない程の水持ちもの良さも評価されています。
(水を吸い込んでいく様な硯は良くないと言われます)


硯を削る道具。肩で押すように使います。体験させて頂きました。

ある程度形成すれば、研ぎで仕上げていく。
研ぎながら石の良い層を出していくというお話でした。


小さいのは砥石。砥石も良いのは高いのですよね・・。


師匠の望月知石さんの硯。


試しに作ってみたという平板状の硯。
1、2滴の水を磨る程度。手紙を書くならこれで十分。
手軽な感じがイイ!


林さんの硯を物色。
試し磨りもさせて頂きながら磨り心地の違いも体験させて頂きました。


鋒鋩が詰まってきても職人さんが居れば手直しして頂けるので安心。
そんなに買い換えるモノでもありませんからじっくり選んだ
お気に入りの道具で、必要な分だけ墨を磨り、墨色を楽しみながら書く。

急ぎの場合はメールでもイイですが
季節の御挨拶や、お礼状
書道の勉強にも墨を磨る楽しみがあるのって素敵じゃないですか。






  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 14:02Comments(2)文房四宝書道教室

2015年12月29日

2015年のお礼と来年の予定。

2015年も無事に終えられそうです。
去年の出来事と思っていた事が
ブログを見直して「ああ・・今年の事だったのか」と思う事も幾つか。

という訳で、いつもは月日が流れるのは速いモンでとよく言いますが
今年はなぜか長く感じていて、なんだか得した気分です。


毎年旅行会社CSセンターさんカレンダーのビジュアルに
作品を使って頂いているのですが
画像を改めて探してみると今年の作品が少ない!
確かにグループ展は幾つかありましたが
個展は1回でしたしね。
どうもデザインのお仕事が今年は多かった様です。

墨屋さんの製造見学から、墨を改めてキチンと使おうと見つめなおし
すった墨をどうすれば布に使えるのか研究をし作った
TRINITASさんとのコラボ服。
泉鏡花作品の絵本化第三弾「朱日記」の発売があり。
男前豆腐店さんの商品の文字を書かせて頂き
大阪のギャラリー佑英さんでは初めてのパフォーマンスで
ギャラリーを墨の空間にしてしまいました。
カナダ時代からお付き合いがあったすぎはらけいたろうさんとも
初めて一緒にビルのお仕事も出来ましたし
ホルモン串焼き屋さんもできました。
最終的にはアイドルのNMB48のお仕事まで・・・。
ワークショップも幾つかやらせて頂き、多くの方に「楽しかった!」と言ってもらえましたし
何より大切な人と沢山出会う事が出来ました。

初めての事も多くありましたが、色んな事に挑戦させて頂き
振り返るとホント楽しい一年でした。

来年は早速1月8日~17日の神戸でのグループ展がありますし
末には海外からの高校生104人のワークショップ。
男前豆腐店さんから新たに4商品とオリジナルグッズの発売。
7月には神戸での個展と、調整中ですが9月には再びイギリス・ウェールズでのアートイベントも控えています。

楽しみはまだまだ続きますので
どうぞお楽しみに。

色んな方と出会いお世話に成った一年ですがホントにありがとうございました。
2016年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

さあ年賀状やらなきゃ!!!

  
  • LINEで送る


2014年12月03日

落款(ハンコ)制作教室特別開講

書道教室の中で自分のハンコを作りたいという話が出て
折角ならということで
教室の生徒さん以外の方でも興味がある方は
御参加頂こうと思いこんなのを企画致します。

石は四角ですが削れば、右上の様にどんな形にしてもOK。
英語やイラスト、数字も、23というのはフミさん、私だったら164(ひろし)とか・・。


私の教室の事なのでどんなデザインにして頂いても結構。
参考まで少し私の作った物を。
パイプをくわえた本屋の主人S氏、四角の輪郭は本を開いた感じに。


松(何とか)さん。琳派風の松をそのまま印に。

フクロウは(不苦労)にかかっている縁起のイイ鳥。
それが「壽(寿)」の上にとまっている。フクロウジュ(福禄寿)にかけています。

喫茶店「伽藍」の印。「伽」の口を持ち手にして輪郭を含めたカップの形に。

言わずと知れた丸メガネ印。私のトレードマークをそのまま印に。


もちろんアドバイスしながらの制作なので初めての方でも大丈夫。
(というか、ほとんどの方が初めてだと思います。)
御自身でデザインして石に彫って頂きます。
4時間ほど掛ると思いますが
きっとアッという間です。

日時は以下の通り
12月6日(土) 14時~
   11日(木) 12時~、 17時~
   12日(金) 12時~、 17時~
   13日(土) 12時~、 17時~
   14日(日) 12時~、 17時~
費用:4000円+石代(500円~1500円程度)
場所: http://www.uetahiroshi.com/pg29.html

参加ご希望の方は こちら からご連絡下さい。
人数により多少日時調整させて頂くかもしれませんが宜しくお願い致します。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:25Comments(0)書道教室

2013年09月14日

デザイン書道っていう授業

来週からいよいよ四国大学での集中講義が始まります。

担当している授業が「デザイン書道」という事ですので
主にクライアントワークと言いますか
企業や個人からの依頼があって制作する物をやって行こうと考えています。

という事で徳島の銘菓「株式会社ハレルヤ」さんに
授業に参加して頂き、商品の包装を含めた提案を学生達に挑戦させて頂ける事に成りました。


ハレルヤスイーツキッチン
スイーツはもちろんランチもできますし工場見学や体験も出来ます。

淡路島出身の私にはハレルヤの「金長まんじゅう」っていうのは
CMソングも含めてスゴク馴染み深く。皮がほんのりチョコレート風味で昔から大好きなんです。
現在も徳島の名産「なると金時」や「すだち」を使った商品も多く展開されて
地元貢献という意味でも積極的に関わってらっしゃいます。
そういう意味でも今回の授業も参加頂けたのだと思います。

教えると言いましても
私の場合。
個展などのアートワークをやってた中で
「こういうの出来る?」「普通の字も書く?」((笑) なんて風に声を掛けて頂き
やって来た所があるので
他の方々がどうやってきたのか、普通はどうするのか知らないのですよね。

という事で尊敬できる仕事をされてる方、数人にお話を伺ったりしてるのですが
皆さんそれぞれ違ってて面白いんです。
と言ってもやはり共通してる所もあって
「人との出会いから始まる」という事。

これは今も昔も関係無いんだなあと改めて感じました。
ここは絶対伝えたいポイントですね。

さあ学生の皆さん積極的に参加して下さいね。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:53Comments(0)書道教室

2013年02月01日

書道教室日程追加


好きな三輪田米山の書「無為」

自宅工房での書道教室を今までは金曜日のみだったのですが
今月からは土曜日も開く事に致しました。

私は無所属ですので
正直、級や段等の経歴を求められる方には向きません。

しかし、少人数でやっていますので
希望に応じた練習に応えることは出来ます。

筆で書きたい、楽しみたいという方は
どうぞHPのclassをご覧頂きご連絡頂ければと思います。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 12:23Comments(0)書道教室

2012年08月17日

落款(篆刻)教室

書道教室の一環で落款(ラッカン、石のハンコ)制作教室をやりました。
facebookで紹介した所、希望者が多かったので
そういう方にもお出で頂き
一日で仕上げる方は5時間ほど
もしくは2時間余りの教室を2回に分けて制作してもらいました。

石の形にも色々ありますが、今回皆さん初めてなので取り合えず一般的な
四角の中から好きなサイズの物を選んで頂き
彫る文字を辞書で調べ、レイアウトを考えてもらいます。

私は、落款は作品に入るサインの様に考えています。
また蔵書印の様に、その人を表す様なものに
文字を変化させても良いと思っていますので
アイデアを出しながらも自由に制作して頂きました。

四角の石を水玉の様に変化させてみたり
美容師さんは櫛が入っていたり
陶芸家さんは陶芸に必要な「火と風」も自分の名の中にレイアウトしました。
お子さんが3人居る直子さんの印には、子が3つ。等・・・

レイアウトが出来れば、石の方に反転した物を書き移し
後は彫るだけ。

彫るのは少々大変なのですが
彫り上がった物を押してみると、一様に喜んで頂けました。
ハンコは押してみないと分かりませんから
失敗したと思っていた所が意外に良かったりします。

落款に使う文字は篆書という書体を主に使うのですが
楷書に成る前の古い文字であったりしますので
自分の文字の由来を知ったり、奥深さを感じて頂け
また作ってみたいという声も多く聞けました。

皆さん他では見られない個性的な落款ができましたね。





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 13:35Comments(0)書道教室

2011年10月11日

夏目漱石の句


「秋の江に 打ちこむ杭の 響かな」
           夏目漱石

(澄みわたる秋空。広い入江。そこに打ちこまれる杭の音が遠くから響いてくる。)

教室で用いた題材です。
半紙横半分にして書いてもらいました。

書道教室って漢字を書いたり、創作をしたりという内容が多いですが
実用というジャンルもあって
実際に生活の中で筆を使う事を考えると
こういった小筆の場面の方が多いですよね。

そういう事を考えて
崩し過ぎないで、漢字も平仮名もある題材を取り上げます。

手紙、年賀状、芳名を求められる時
そういう時の為の練習ですね。

小筆は慣れが大事という所があるので
持つ機会が多ければ多いほど上手く成ると思います。

書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:07Comments(0)書道教室

2011年02月19日

梅一輪


すっきり晴れた気持ちの良い日も増えてきましたね。

「梅一輪 いちりんほどの 暖かさ」服部嵐雪
チョット前に京の梅の名所北野天満宮がチラホラという事を言っていたので
まさしくという気分に成りました。
上手い句ですよね。

教室で短冊に書く練習をしましたので
その時の手本です。
和歌でしたら二行に成るでしょうが
俳句ぐらいの字数でしたら一行にも書けますよね。

こういう時は文字の幅がミソに成ります。
文字幅が均一ですと単調に見えますから
極端に成らない程度に
広い狭いを付けて書けば
行のリズムが生まれます。

短冊、色紙は決まった寸法ですから
それを飾る様の、掛け物も
バリエーション多く、安価に手に入れる事が出来ます。

チョット色紙、短冊に書いて
季節ごとに飾るのも手軽でいいと思いません?

書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html

作品展示中 
Globe Mountain Coffee 展示期間 2月4日~28日
 604-8437 京都市中京区西ノ京東合町55
 Tel 075-812-0606 営業時間 9時半~23時 (日曜、祭日18時半まで)

珈琲 逃現卿   展示は2月8日以降常設展示する事に成りました。
 602-8441 京都市上京区大宮通今出川上ル観世町127-1
 Tel 075-354-6866 営業時間 12時~24時 月曜定休
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 18:04Comments(0)書道教室

2010年08月16日

使っても減らない。


「夏草や つわものどもが 夢のあと」芭蕉

教室で書いた手本です。
今年も終戦の日を迎えました。
8月に成ると徐々にTVでも戦争を取り上げる物が増え
戦争とは、平和とは、自由とは、人とは
等と考えることが多く成っています。

そして、私には何が出来るのか?

単純に平和を求めても
相手があっての戦争なのだから
一方的に向かって来る者にはどう対処するのか?
話し合いで分かってくれる相手ならいいのだが・・。

この島国日本では
どうしても海外の事を遠い事の様に感じてしまうが
そうではない。
実際の国際社会はスグそこにある。

誰かが(TV等で)言っていた。
本で(新聞で)こう書いてあった。等は
個人の考えではない。
そういった情報もふまえ自分はどう考えるのか? 

考えに正解なんてない。
経験と共に考えも変わっていく訳だし。

とにかく、世の中の物事を疑い、疑問を持ち考える事。
そうして自分の考えを持つ事で
初めて他者と向き合えるのだと思う。(芸術も同じ)

多くの人間が築いた歴史の上に今がある訳で。
それを踏まえて成長していかないと
亡くなっていかれた多くの方々に申し訳ないと思う訳です。


書道教室:http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:37Comments(0)書道教室

2009年12月12日

年賀状の練習。



街中はクリスマス色に染まってきました。
クリスマス騒動が終わればもう新年。(速い・・。)
そろそろ年賀状の心配もしないといけない季節ですね。

という事で
教室でも年賀状の練習をしました。

さて、墨で年賀状を書く時のコツを少し。

・墨をする方は普段より濃くすって下さい。
 いつも通りのすり具合では、葉書は少し薄く色が出ます。
・書き進む内に手が慣れてきて、後半になるほど上手く書けてきます。
 だからこの人には奇麗に書かないと、という方を後半に持ってくる方がいいですね。
・表面の自分の住所は先に書く。
 宛先から先に書くと、行が進むにつれ 手でこすってしまい
 葉書を汚してしまう事があります。


後は頑張って練習しましょう。
左の画像はクリックしますと大きくご覧頂けます。

書道教室:http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:26Comments(0)書道教室

2009年10月18日

教室にて



朝夕随分涼しくなりました。
という事で、教室でこのような物を書いてみました。

漢字仮名交じりの物は書きそうで
あまり書きませんよね。
こういった時のポイントは
漢字と仮名を違和感なく書かないといけない事です。

仮名を漢字ぽくというよりは、漢字を仮名にあわせて書く訳です。
線の始めと終わりに頑張りすぎない様にする。
楷書の様にカッチリ書いてしまうと
仮名の柔らかさにあわないですからね。

「暮」で大きく横幅を取るから、「き」はスリムに成っています。
こうして2行で書く時は
行で隣り合った文字の幅もバランスをとる時の大事な所に成るのです。


書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:40Comments(4)書道教室

2009年07月20日

暑中お見舞い










暑い日が続きます。

街中で‘かもめ~る’を販売しているのを見かけると
「もうその時期がやってきたか」と。

という事で
先日教室で暑中見舞いの練習をしました。

年賀状程重要視されませんが
こういった機会に懐かしい誰かに
連絡が出来る。

なかなか良い風習だと思いませんか?



書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html




  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:20Comments(0)書道教室

2009年06月12日

おとなな楷書



教室で用いました題材です。
孔子廟堂碑という中国の古い碑文より抜粋した物を書いて頂きました。

この碑文の文字は楷書で書かれており
楷書の教科書として代表的な物の一つです。

特徴的なのは例えば
「地」の上にハラウ様なハネ方や
「平」の横線の様に起筆がチョンと置いてそのまま右へ
グーと圧を加えながら書くという書き方。

一般的な楷書と比べ派手さが無いですよね。
その分スッキリとした落ち着きのある大人な感じ(漢字)がしませんか?

こういったのをじっくり見ながら書いてますと
文字の線の組み合わせの上手さに「なるほど」と感心してしまいます。

下は私が書いた物。






書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html







  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:08Comments(4)書道教室

2009年05月29日

酔って候


「酒」
中国の「史晨前碑(ししんぜんひ)」という碑からの抜粋。


隷書(れいしょ)と言われるこの書体は
フォントとしてもチョクチョク見かける様になりましたが
教室でも結構人気のある書体です。
私も学生の頃ハマりました。

実はコツを掴めば書きやすい書体でもあります。

基本は水平、垂直に線を組み立てていく事。
縦線は短めに、横線を長く
筆先を出さない事。
波磔(はたく)というハライのある横線がある事です。
(この酒という文字でしたら酉の一画目の線がはらっていますよね。)

これが出来ればらしく成ります。

ちなみにこの酒のサンズイの下空いてますよね。
この空き具合が絶妙なんですよね。


教室の時間帯を変更致しました。
 詳しくはhttp://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.htmlにて。





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:43Comments(0)書道教室

2009年01月28日

書道教室 Japanese calligraphy(SHODO) Class

墨と筆に馴染んで頂き
漢字と仮名の基本から
実用的な葉書の練習や篆刻、創作まで。
私も一緒に手を動かしながらの2時間の教室です。
you can study from the basic Kanji and Kana.
and also creative brush works.
it's about two-hours class.

基本的な所から、古典、遊びを入れた創作等、幅広く進めていけたらと思っています。
また、少人数でやっておりますので個々の希望に沿った内容で進める事もできますので
              どんどん提案して頂いても結構です。

教室時間 Hours 毎週金曜 & 土曜 12時~16時
             17時~22時 ご都合の良い時間に来て頂き2時間程度の内容。
        (事前にメールかお電話で何時頃来られるのか連絡頂いております)
       月何回とは決めておりません。
       個人ごとに月2回の方、月3回の方もいらっしゃいます。
Two hour between 12:00-16:00,17:00-22:00 every Friday and Saturday.

料金 Lesson Fee   1回の教室 One lesson ¥3,000      
        2回来られるのでしたら 月謝 ¥6,000と成ります。
        入学金は不要です。

教室対象  中学生~一般の方まで

場所 Place   京都市中京区西ノ京西中合町52-1(春日御池上ル)
        西京高校西側  地下鉄「西大路御池」4番出口から北へ徒歩3分
52-1 nishinakaai-cho,nishinokyo,nakagyo-ku,Kyoto (North of Kasuga-st and Oike-st)
Kyoto subway 「Nishioji-Oike station」Exit 4 ,walk north about 3 minutes .

問い合わせ contact info@uetahiroshi.com
           TEL 075-801-5879
                                 
        








  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:56Comments(4)書道教室