Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2007年01月31日

Beauty



いつも作品作りをする時は、大きな筆を使ってます。
しかし、いざ手紙や芳名する際小さな筆を持つと
書けない事が多々あります。
やはり、大きな筆と、小筆では感覚が違うのです。
腕がナマッてくるのですね。

だから、ここの所1日一回は古典を臨書(書道で、手本を見てそのとおりに書くこと。
また、そうして書いた書。大辞林より)する様にしてます。
こなれてくると結構その作業にハマッてくれのですが・・。解かりにくいですよね。

私が思うには、長い歴史を経ても残されているこの様な文物は
残ったのでは無く、残されたんだと思うのです。
多くの人の手元を転々とし、鑑賞され続けた物。
ここには時代や流行なんか関係の無い普遍的な”美しさ”が隠されている。
それを少しでも理解しないと、後々残されていく作品なんか作れるわけないと思ってます。

身近な物だと、朝日、夕日なんか今まで何兆何億人を感動させてきたことでしょう。
多くの人間が詩にし、絵画にし、写真にしてきたことか。
そんな”美しさ”には時代、人種、価値観、好みなんか関係のない
普遍的な”何か”がある訳です。
カナダ人の友人が言った言葉。
「Beauty is always beauty」

”何か”を物にした者は歴史に名を残すのでしょう。
                               
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:54Comments(1)道程

2007年01月30日

いろは


 





今回もきちんとした作品を紹介したいと思います。

作品は「いろは」です。

勿論いろはと書いてますよ。

”い”は右手にある太い線

”ろ”は細い横線

”は”は一番こちら側に見える太い線です。

この頃は間をテーマにしてまして

時間と空間を平面に表現したかったのです。

その間の取り方が独特なのが日本人の特徴だと思ったからです。

言葉にもよくありますように

間が悪いのを「間抜け」

間がいいのを「間に合う」

なんて風にね。

タイトルに意味を持たせない事で、見る人に先入観を与えない様にしたのも

 

あえてです。


 
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:23Comments(0)作品/Works

2007年01月30日

2007年01月29日

めくるめく



はじめてちゃんとした作品をUPします。
タイトルは「めくるめく」です。
ちゃんと平仮名でタイトル通り書いてあります。
”めく”と”るめく”を重ねてありますから余計に分かりにくいと思いますが。

時代、時間、価値観などが交じり合った様な物を表現したかったので
線をからめて表現しました。

このオリジナルの作品は京都・北山通、北山大橋東詰の「珈琲 伽藍(ガラン)」に
展示してます。
興味がございましたら是非足をお運び下さい。

伽藍さんは私のお気に入りの珈琲屋さんでもあります。
ここまで美味しい珈琲は他では味わった事はありません。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 15:55Comments(0)作品/Works

2007年01月28日

誰?



よく名前を間違われます。
というか、正しく呼ばれる事がほとんど無いに等しい。
もう慣れっこなので、特に気にしなくなってしまい
正すのもめんどくさくなってるぐらいです。

私の名前は 上田 普 です。
・先ず、上田 晋が多いのです。10年以上付き合ってる人でも未だに間違えてます。
・ウエダ シン   これが一番多い。晋の勘違いの続きですなね。
           しかし、普はシンとは読みませんので明らかに間違い。
・ウエダ ススム 少数派ですが、います。
・ウエダ フ    まあ仕方ないですね。中国ではプ~と呼ばれましたし。

正解は、ウエタ ヒロシです。
        ダでも無い訳です。
普は普遍や普通等の様に広いという意味でヒロシの様なのですが。
辞書では、「五体字類」という物でしか見たことがないです。
すごい普通な名前なのですがね・・。
パソコンの文字変換でも出て来ません。
前は、普通で通を消してましたが
普通がイヤに思いましたので、普遍で遍を消す様にしてます。
どうでもいいですね。

画像は、私の落款(ラッカン)です。
ヒロシのヒです。
「ひ」は「比」からきてまして、比を象形文字にして片一方をはずすと
カタカナの「ヒ」の象形文字になるわけです。
下は、ただの眼鏡です。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 04:03Comments(0)道程

2007年01月28日

CSW 未発表コレクション 第3集

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:14Comments(0)CSCenter

2007年01月27日

THE EBIZ

バンド活動。THE EBIZ 
「拾得」「磔磔」でライブ活動中!Blues Harpを吹くのは上田普氏ご本人。BASSは野田です。  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 01:45Comments(0)書道とブルースの境。

2007年01月26日

チベット




正月明けに、中国とチベットのラサという街に鉄道が開通した番組をみた。
世界一の標高を走る鉄道として、その技術やそれを利用する人々を
つづったものであったが。

チベットの人々が巡礼の為 五体投地(ゴタイトウチ・・仏教徒が行う最高の敬礼法。両ひざ・両ひじを地に着けて伏し、さらに合掌して頭を地につける。大辞林より)
しながらチベット仏教の聖地ラサに向けて一歩ずつ進んでいる横を
車が砂吹雪を上げ滑走し追い越していく。
その又横を、鉄道が汽笛を鳴らし抜いていく。
その事をどう思うかと訪ねられてチベット人は「わからない」と答える。

私も8年程前にチベットに行った事がある。
私は、来た事に罪悪感を憶え帰って来た。
彼らには彼らの生活スタイルがあり、彼らの価値観で行動している。
そこに、資本主義の少し金を持っているだけの外国人が冷やかしにいき
外貨を落とす。
その外国人に群がり、お金や物資をねだるチベット人。

確かにダライラマはチベットには外貨が必要で、中国から独立するには
やはり経済的にも独立する必要があるから、多くの外国からの旅行者を
歓迎すると言ってる。

私には、答えを導き出す事は出来ないが、この美しい自然と
チベット仏教を心から信仰する民に、このまま変わって欲しくないという思いである。
しかし、その願いはそう長くない内にかなわなくなるであろう。

京都の人にも、知っておいて頂きたい。
京都が変わってしまえば、日本らしい日本の姿はもう世界から無くなってしまうという事。

最後に成りましたが
こんな何も知らない若造が偉そうな口をきいてゴメンなさい。
写真はその8年前の物。このずーと右手にはエベレストの峰が見えてました。




  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:37Comments(2)放浪にて

2007年01月25日

2007年01月24日

バーベル



ちょっとしたキッカケがありまして
一昨年、東京青山で私達が企画しましたアートイベント「from38B」に
ロックバンドのバーベルの方々が来て下さいました。
その折に「一度コラボレーションでも出来たらいいね」
なんて話してた事が昨年末とうとう実現しました。
写真は彼らのシングルCD~真実ノウタ~のジャケットです。
何作かサンプルを作りましたが
さすが彼らは、何も伝えなくても私が一番気に入ってた物を選んでくれました。
バーベルのライブはホントに楽しいですし、良い曲を作ってますから
皆さん是非足を運んでみて下さい。

バーベルオフィシャルホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=juteion&P=0  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 19:43Comments(0)書道とブルースの境。

2007年01月24日

CSW 未発表コレクション 第2集

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 09:38Comments(1)CSCenter

2007年01月23日

ブルース魂



私が本当の意味で音楽を出会ったのは、大学に入った時。
中学生の頃からギターを始め、高校ではバンドを組みその頃の流行の
J(S)W(ジュンスカ)やブルーハーツの様なバンドのコピーをやってました。
しかし、あくまでもコピーでしかないから上手くいったっか、失敗したかの感想しかなく
気持ち良くプレイ出来るなんか程遠いものでした。

大学の入学式後、部室の一室から流れる「ジョニーBグッド」に「これや!」と思ったのです。
楽しいリズムなのに音が何となく物悲しい・・。しかも、アドリブの塊の様な音楽。
楽しそう~!これがしたいと思いました。
ブルースという音楽は、BBキングも言ってますが
Everyboby has the bluse 「誰もがブルースを持っている」
その人が経験してきた事、作り上げてきた考え方、良い事、悪い事、恋愛のゴタゴタ。
全ての物事が音となって表現できる音楽なのです。
なぜか?
それはシンプルな音楽だから。
   (だから難しいという事もあるのですが。)

その後、私はその先輩に価値観が変えられる程ブルース魂を叩き込まれる事になったのです。
「全ての事が表現の元になる。」
その考えが、失恋しても、今の自分の現状にため息をついても。
これが俺のブルースになるんや!
と何か得た気になるキッカケになったのです。

写真は格闘技のポスターの依頼を受けた作業風景。  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 19:13Comments(0)書道とブルースの境。

2007年01月22日

2007年01月21日

女の園

/

私は四国大学という徳島の大学を卒業しました。
そこには全国でも数少ない書道専門のコースがあったからなのですが
私が入学する1年前に女子大から共学に変わったばかりの新しい大学でした。
しかし、私達の1年上の受験では男性は採用されず
私を含めた4人がその書道コースに入った初めての男子だったのです。
先輩は勿論全員女性。
300人以上の女性だけの中に男4人。
怖いです。
入学式で私達が入場した時はドヨメキがあった程です。
始めは、チヤホヤされ楽しかったのですが
後々、案の定女の園の恐ろしさを味わったのでした。
一般の世界になってもやはり書道をされてるのは女性の方が多いのですね。

写真は依頼を受けて書きましたWebサイトの「キョウト・スタイル」のロゴ。
こちらのサイトに私のインタビューが掲載されております。
その他にも、京都で活躍されてる様々な方が出ています。
是非御覧に成って下さい。
http://www.kyotostyle.net  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:45Comments(0)道程

2007年01月20日

CSマークの原型

ワークショップの”W”を加える前の作品です。これに追加で”W”を書いていただきました。採用せずでしたが、これも実にいい作品です。                          
他にも採用していない素晴らしい作品がたくさんありますので、またご紹介します。上田さんありがとうございます。  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 13:55Comments(0)CSCenter

2007年01月19日

よろしくお願いいたします。




初めまして。京都で書の活動をしてます。上田 普(ウエタヒロシ)と申します。
書を始めて27年に成ります。長いのか短いのかわかりませんが
しかし、これからも勉強しないといけない事が盛り沢山あるのが
救いの様にも感じてます。
5歳から書は始めました。
もちろん記憶はありません。
母親が自宅で書道教室をやっていた為に、「同じ面倒を見るなら筆を持たせよう」
と言った感じだったのかもしれません。
私が覚えてるのは、オモチャの鉄砲を二丁ベルトに挟み
教室に来てるオバサン達を撃ちまくってました。
オバサン達も「やられたー!」とノッテくれまして、凄く楽しかったので
毎週の稽古日が楽しみだったのです。
書の表現にとりつかれる、ずーと昔の話。

写真はカナダに住んでいた頃に制作した作品。
「つきあかり」です。
現在はドイツのコレクターの所に収められています。
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:01Comments(0)道程

2007年01月18日

京都で活躍する”書家 上田普”  公式ブログ登場です。


株式会社CSセンターの野田です。設立間もない当社のCORPORATE IDENTITYであるマークを世に送り出していただいた書家の上田普(うえたひろし)氏。このブログは上田氏ご本人と私、野田で運営してまいります。上田氏の作品公開・作品を生み出す迄の作業風景・未発表作品の公開等上田氏の作品とアーティスト上田氏の個性や魅力をご紹介いたします。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 17:03Comments(0)CSCenter