Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2009年05月29日

酔って候


「酒」
中国の「史晨前碑(ししんぜんひ)」という碑からの抜粋。


隷書(れいしょ)と言われるこの書体は
フォントとしてもチョクチョク見かける様になりましたが
教室でも結構人気のある書体です。
私も学生の頃ハマりました。

実はコツを掴めば書きやすい書体でもあります。

基本は水平、垂直に線を組み立てていく事。
縦線は短めに、横線を長く
筆先を出さない事。
波磔(はたく)というハライのある横線がある事です。
(この酒という文字でしたら酉の一画目の線がはらっていますよね。)

これが出来ればらしく成ります。

ちなみにこの酒のサンズイの下空いてますよね。
この空き具合が絶妙なんですよね。


教室の時間帯を変更致しました。
 詳しくはhttp://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.htmlにて。





  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:43Comments(0)書道教室

2009年05月28日

銀座のギャラリー



先週末友人の結婚パーティーもあり
東京に行ってきました。

東京のギャラリー巡りも考えて居りましたので
初めて銀座に足を伸ばしてみました。

丁度日曜だったので、大通りは歩行者天国に成っており
多くの人で賑わっていたのですが
驚いた事に
銀座のギャラリー、画廊は日曜休廊が多い

週末はお客さんが多いので先ず閉めないと思っていたのですが
銀座はそういう所じゃないのでしょうか。

という事で目指していた画廊は大概閉まっていて
ひたすら歩きまわる羽目に成ったのですが
ふと面白いビルを見つけました。


奥野ビルという所で
きっと古いアパートなのでしょうが
小さな一室一室がギャラリーやショップだったりするのです。

すごく雰囲気の良い大きな建物で
エレベーターも手動の扉に成っていたり
中もちょっとした迷路の様に複雑で
「この奥は・・?」なんて探検してる気分に成りました。



やはり日曜休みの所が多くて
満喫とは言えませんが
3つのギャラリーをハシゴ出来ました。

いくつ位のギャラリーが入っているのか分かりませんが
ポストに張られたDMを見た限り結構ある感じですよね。


又の機会にもう一度覗きたいと思います。







  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 03:05Comments(0)マイ・フェイバリット

2009年05月14日

闇を表現 ぬばたまの


作品「ぬばたまの 月」 部分


先日の「デザアト」展にて展示して居りました作品です。
今回初めてシルクスクリーンによって作品を制作させて頂きましたが
このインクの黒が綺麗と感じまして
黒を重ねた作品を作りたいと思いました。


作品「ぬばたまの 月」


墨は黒いというイメージはあるでしょうが
実は真っ黒というのは表現出来ないのです。
どうしてもグラデーションに成ってしまう。
勿論その墨のニジミや、グラデーションが美しい訳で
私達はそれを表現しているのですが
平坦な黒を考えた時に
それは難しい。

しかし、このシルクスクリーンのインクの黒を見た時にこれは美しいと感じました。

“ぬばたまの”という言葉は
古典の和歌に使われる闇、夜、月に掛る枕詞。

闇で目を凝らす様に
黒い画面を目を凝らしてみて頂けますと
色んな線が絡んでいる。
そんな物をイメージしました。

インクの盛り上がりと光沢感
黒が重なった事で出来るグラデーション。
面白いと思いません?
見る角度で画面が変わるのです。

シルクスクリーン。
ハマりそうです。


Printed by 今泉版画工房 http://cplus.if-n.biz/5001781/article/0109848.html?sid=60705ce874969f2c0453fb7489535ab3








  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 14:59Comments(0)作品/Works

2009年05月11日

ありがとうございました「デザァト」展



5/3まで開催しておりました
「Exhibition of デザァト」無事に終える事が出来ました。
多くの方においで頂きありがとうございました。

今までとは違ったテイストの作品に取り組みましたので
新しい一面をご覧頂けたかと思います。

大阪で初の本格的な展示でしたが
京都とは違った見方、好みにも
“なるほど”と勉強させて頂きました。

また場所柄多くのクリエイターの方にもお出で頂き
多くの刺激と、新しい繋がりが出来今後も楽しみな展開が
待っていそうな気がして居ります。

今回イベント開催におきましては本当に多くの方に御協力を頂戴致しました。
・企画を頂き画廊兼額装でお世話に成りました天勇さん
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/02gal.pak/03gal-tikamiti/03rental-gal/mugen-hp/01mugen.html
・企画から携わって頂き版画制作以外にも多くの協力を頂きました今泉版画工房さん
http://cplus.if-n.biz/5001781/article/0109848.html?sid=60705ce874969f2c0453fb7489535ab3
・イベントを取り上げて下さいましたKBS京都さん。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/po/
・イベント用にデジタルプロフィールを制作して下さいましたbokuokubo/大久保さん
・オープニングでドラマーとしてカホンを叩いて下さったYUJIさん
・木工作品の協力を頂きましたハチマン工房さん
・珈琲を提供下さいました前田珈琲さん http://www.maedacoffee.com/
・段ボールの什器をお貸し下さいました矢野紙器株式会社さん。http://www.yanosiki.com/
・CsBOX PROJECTの有限会社ソシアルラボさんhttp://www.social-labo.co.jp/
・レザーの名刺立をお貸し下さったopen sesame.さんhttp://hirakegoma.net/
他、個人的にも協力を頂きました友人の方々。
大変ありがとうございました。

今後も色んな事を考え
より多くの方に楽しんで頂けるデザアトを展開していこうと思います。

最後に今回お出で頂けなかった方にも少し画像で
今回のイベントの作品を紹介致します。


「異手格闘技」
シルクスクリーンで私の両手を実寸で摺り、私の武器ハーモニカ(下画像)と筆を
エンボスで型押しした作品。





「如水」
書の上に水をこぼした様に成っています。

「そぞろ歩き」
私の作品“そぞろ”に泉屋氏の銅板の足跡をエンボスで押してる作品。

「まどろみ」
シルクスクリーンによる作品。
インクをこぼした中に“まどろみ”の書が漂っている様に制作した作品。

短冊8点。右4点私で、左4点は泉屋氏の制作。
定番の短冊をより現代にマッチした物に成らないかと考えた作品。

パズーパン。
泉屋氏大好きなパズーパンを木とファブリックで製作。

「ありがとう」
蝋を溶かして書いた線の中にぼんやりとありがとうの文字が浮かび上がっている作品。
蝋の部分が半透明に成るので
後ろからライトを入れて光らせて展示致しました。


作品はまだまだ有りますが
今回はこれ程で。
又の機会に紹介させて頂きます。


泉屋宏樹氏のHPにも画像が出て居りますので
そちらも是非ご覧下さい。
http://www.id-izumiya.jp/



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 04:15Comments(2)作品/Works

2009年05月01日

ゴールデンウイークに是非。


上田&泉屋
作品「異手格闘技」で。
二人の手に持つ物は・・。


現在開催中の
デザイン×アート 「デザァト」展
残す所あと3日に成りました。

今までの私の作品には無かった作風も楽しんで
頂ける内容と成っております。

是非ゴールデンウイークの予定の一つに
入れて頂きたく思います。

5月2日と3日は私も会場に居りますので
気軽にお声をお掛け下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------
デザアト
会期 4月20日~5月3日 会期中無休
時間 11時~19時 (最終日は17時まで)
会場 あーとスペース夢玄 http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/09-gpub/210503-mugen-desart.html


  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:10Comments(0)個展・グループ展/Exhibition