Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2011年11月28日

たまには振り返る。


26歳頃の作品 「かほり」


私の母校、四国大学書道文化学科の学生達に向けて
お話させてもらう事に成りました。

書を勉強していて卒業したらどうするのか?
学校の先生か塾の先生か。
私が学生の頃はその選択肢しか見当りませんでした。

(悩んだあげく海外逃亡したのですが・・。)

アートの世界に足を踏み入れだしたのも26,7歳位ですから
美大を卒業した人達から比べると遅いですよね。
デザインの仕事をしだしたのはもっと後です。

今はTVに出てる作家さんや、デザイン書道という言葉もある位ですから
もう少し選択肢が増えているのでしょうが
どうすればその世界に入って行けるのか。
キッカケはどこにあるのか。

私ので参考に成るのか分かりませんが
私が学生の時に聞きたかった様な話が出来ればイイなあと思っています。
四国大学の皆さん宜しくお願いします。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 06:03Comments(2)道程

2011年11月18日

T-シャツ オーダー

こんな事もやります という紹介。
T-シャツに書いてというリクエストがあり
久しぶりに書きました。
依頼者の名前をアルファベットで        「YOSHIKO」
白と赤、黒に金を混ぜた3色で仕上げました。
手描きの場合、いわゆるプリントでは入れられない
場所にも書ける所が良い所なので
右袖にも大きくOを書いてあります。
あまり文字として見えてしまうと逆に恥ずかしい物ですので
筆のラインという感じの雰囲気で仕上げました。

「こころ」
これは白と黒金の2色です。
白でポンポンと「こ」を書き
黒金で「ころ」です。
インクの落ちた感じを入れ、生々しい勢いのある雰囲気を出しました。

どちらもレディースT-シャツなので
首の周りが広く、ウエストにかけてシェイプもしてて
綺麗なラインが出せる仕様に成っています。
そういった所も喜んで頂けました。
画像には写っていませんが首後ろ、半袖は袖に印も入れました。
  
タグ :手描き書道
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 18:16Comments(0)依頼作品/made to order

2011年11月16日

砂と光の書(木津川アート2011展示作品)


木津川アート2011無事に終わりました。
今回も多くの方にお出で頂き、新しい出会いや再開
御近所さん達との暖かいふれあい等
木津川アートらしいアットホームな雰囲気で楽しませて頂きました。

お出で頂きました多く皆様、御協力頂いたボランティアスタッフの皆様
面白い作品を見せてくれた作家の皆さんありがとうございました。

2回目の開催という事で、地元の方も楽しみして頂いてて
「今回はどんなの?」と前回との違いを楽しんで頂いた方
私の作品を目指してお出で下さる方もいらっしゃり
嬉しい思いも多くさせて頂きました。

前回とは全く違った表現」と多くの方に言って頂いた作品を紹介します。
画像はクリックして大きく見られます

入って正面「つなぐ」と地面に書いた「手」「と」、紙の上の「手」地面の「と」と「を」 

今回のテーマは夏からの個展に引き続き「手と手をつなぐ」事。
一人ひとりが繋がっていく事を、一粒一粒合わさって文字に成るというコンセプトで
全て砂で文字を表現しました。

地面にある文字は砂を置いただけですし、紙の上の文字も
砂を貼り付ける様にして制作しています。

展示場所の倉は薄暗く、2ヶ所の天窓と入口に引いた暗幕の下から入り込む
自然光だけでご覧頂きました。

砂が紙に付いている様子。「つなぐ」の「つ」の後ろから入ってくる直射日光が右の壁に当たり
鏡で左の壁の鏡に当て、正面「つなぐ」の足元の鏡に当たる様にしている。
時にはプリズムが見られる。

方3時頃以降この天窓からは、直射日光が入り込む為
それを鏡を使って反射させ、光の線を入れる仕掛けもしています。

しかし、太陽と光の移り変わりは速い物で
ドンドン光の当たる場所が変わるので、慌ただしく鏡の場所を移動させていました。




これらの作品は今回だけの展示でもう既に作品は無く成りました。
砂は掃き集め、紙の作品も2度と使えません。
こういうインスタレーション的作品の制作は初めての試みでしたが
得る物が多く有り、お客さんの反応も面白かったです。

今は予定ありませんが、またの機会がありましたらこういった物も
制作してみたいと思います。 楽しみにしていて下さい。

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 04:16Comments(3)作品/Works

2011年11月08日

木津川アート開催中


11月3日から始まってます木津川アート
2回目の開催という事もあり
地元の方も暖かく見守って下さり、応援頂いてる様子
楽しみにして頂いてる様子が垣間見られ
このイベントを快く受け入れてもらっているのかなあという気がしています。

またTV、ラジオ、チラシ等でイベントを知り
遠方から駆けつけて下さっている方も多い様で
朝から各会場を回られ
作品と共に、木津の町の面白さも感じ取って頂けてる事も
嬉しく思っています。

私の展示している元JA山城倉庫は
ご近所のお爺さんが生まれた頃からあったと言っていましたので
70年~90年前からある米蔵で
戦時中は白壁が目立って、狙われてしまうと
墨書きされた跡を今も残す雰囲気のある会場です。

この倉庫には3人の作家の作品が展示されて居り
それぞれ趣の違ったインスタレーション作品を展開しています。

そう 私も初めてと言っていいのですが
今回インスタレーション作品に挑戦したのです。

ここでの展示が終われば、他で流用が出来ない物を作ってしまいました。
ですので、今までの私の作品を御存じの方には
「こんな事も出来るのか」とご覧頂ければと思っています。

お勧めの時間帯は晴れ日の午後3時~4時頃
良い感じの西日が倉庫の中を照らし出してくれます。
8日(火)、12日(土)、13日(日)はずっと会場に居りますので
お誘い合わせの上ご覧頂ければと思います。

木津川アート2011 http://kizugawa-art.com/
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 02:51Comments(2)個展・グループ展/Exhibition