Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2013年02月21日

シンガポールの和食レストラン。作品「をんな」。


作品「をんな(源氏物語のをんなシリーズ藤壺)」
1480×1260(mm)

シンガポールの和食レストランEZOCAに納品しました作品の第2弾です。
この作品は2008年に京都のarton art galleryで発表した作品です。

なかなか大きな作品ですので
ホテルの様な大きな施設にしか収まらないと思っていたのですが
なんとシンガポールに行くことに成りました。

この作品は
源氏物語に登場する藤壺を「をんな」の3文字で表現したものです。
藤壺は光源氏の義理の母親ながら、彼と結ばれ子供を授かります。
表向きには出来ない激しい気持ちをエンボスで内に秘めさせ
表向きの凛とした姿を墨で表現しました。

写真には写りにくいのですが
左側に「を」右側に「な」のエンボスがあります。
墨の波線の様なのが「ん」です。

この大きな作品の額装にご協力頂いたのが大阪の「天勇」さん。
レストランオーナーのKさんのご意見で金をバックに使い
木縁はダークブラウンにしますと
落ち着いたながらも豪華な印象に成りました。


そして店内に飾られたのがこんな感じ。

←クリックして大きくご覧下さい。



ひきの写真ですがスゴク象徴的な作品に成ってくれていると思いません?
発送で何かと手間取り色んな困難がありましたが
無事収まってくれて安心しました。

また今年は
3月19日~arton art gallery で個展も用意しています。
どうぞお楽しみにしていて下さい。


日本食レストランEZOCA 
           EZOCA JAPANESE CUISINE
           The Quayside Isle 31 Ocean Way,
           Sentosa,#01-12 Singapore
岩崎建築研究室



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 16:46Comments(0)作品/Works

2013年02月14日

シンガポールの和食レストランに制作。作品「月のひかり」


作品「月のひかり」

昨年末からシンガポールに和食レストランをオープンされるという事で
作品制作やメニュー等の文字依頼を受け、制作していました。

一気に紹介するには勿体無い(笑)ので
一点ずつ紹介しますね。

今回はレストラン内の個室に飾る用の作品。

本当なら現場を見て作品をイメージする方が制作しやすいのですが
今回は建築中でしたので
イメージ画と、図面で作品の展示イメージを想像しながらの制作でした。

オーナーも一度お出で下さり、お話出来ましたので
方向性は大体決まっていたのですが
サイズや題材はコチラで決めさせて頂きました。

先ず決まっていたのはエンボスを使った作品である事。
それと個室内に三卓あるので三連作にする事でした。

イメージ画では照明に気を使った、陰影のある店内の雰囲気でしたので
間接照明でエンボスの表現は際立ってくれると思いました。

次は飾る壁面をイメージして
三連作の何処に墨色をいれると美しいのか・・?
私がイメージしたのは真ん中をスッポリ空けた
両端の作品に斜めの縦線が走ったモノ。

陰影と斜めの縦線。日本食レストラン。
3つをそれぞれ一作ずつ制作し連作とするのか
1点を作りそれを分割するのか・・?

斜めの線というのが、光が走っているというイメージが出てきたので
「月光」「月明かり」という言葉が出てきましたが
どうも字面が良くない。 2,3日悩んでいた頃
お世話になってる版画工房さんで古い本を見させて貰っていると
「月のひかり」という言葉が出てきました。
これなら文字数 字面 問題なし!作品は分割するという事で決まりました。

今回の紙は徳島の中村功さんの2m×1mの大きな手漉き和紙を用意しました。
それに先ず、墨で「月」。「り」は2作目と3作目に渡る様に書きました。
残りの文字のエンボスの型を制作。
紙を三分割してから、エンボスを施しました。
その状態が上の画像。

和紙の質感(ミミ)が出る様に、額装はマット無しで
額内で作品がチョット浮いている様に加工して頂き
バックは金屏風で使われる同様の物を使用して頂きました。


「月の」

「ひ」

「かり」

という三連作が出来上がりました。
分割した三連作ながら、それぞれも一つの作品として完成させたいと思って制作しましたので
全ての作品に落款をおしています。

それをシンガポールに発送し
展示されたのが

←画像クリックで大きくご覧頂けます。

作品それぞれに照明を当てて頂いてる事に気付かれましたでしょうか?
非常にありがたいです。
これで100%作品の魅力を引き出してもらえる様に成った事と思います。

このレストランはEZOCA(エゾカ)と言います。
HPも出来ていますので是非ご覧下さい。
また隅々にまで目の届いたこのレストランを設計、デザインされたのが
京都で数奇屋建築をされてる岩崎さん。
こちらのHPでもレストランのできていく様が見られますので
一緒にご覧に成って下さい。 

日本食レストランEZOCA 
           EZOCA JAPANESE CUISINE
           The Quayside Isle 31 Ocean Way,
           Sentosa,#01-12 Singapore
岩崎建築研究室  

  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:42Comments(4)依頼作品/made to order

2013年02月03日

節分ですが本日ファンキーナイト!


吉田神社では節分祭が行われていますが
本日2013年2月3日(日)
私がブルースハープを吹いている
MOJO SAMが 拾得 でライブします。

今回は拾得40周年記念イベント月間のライブとして
賑々しくお祝いライブに成りますのでどうぞ脚をお運び下さい。
チラシはシカゴのブルースマン、マディー・ウォーターですが
彼の曲も一曲用意していますし
今回はホーン系のメンバーがなんと8人。豪華でファンキーな音が聴けますよ。
MOJO SAM LIVE at 拾得
祝!拾得40周年記念ライブ!
2013年2月3日(日)
オープン:17時30分 
開演:18時30分
ライブチャージ:1,000円

住宅街ど真ん中のチョット分かりにくい所ですが
京都・大宮丸太町(角に郵便局)を北に上がって一筋半、東側の大きな蔵です。
詳細は拾得のHPでご確認下さい。
拾得HP: http://www2.odn.ne.jp/jittoku/index.htm
MOJO SAM : http://www.mojosam.com/
  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 05:25Comments(0)書道とブルースの境。

2013年02月01日

書道教室日程追加


好きな三輪田米山の書「無為」

自宅工房での書道教室を今までは金曜日のみだったのですが
今月からは土曜日も開く事に致しました。

私は無所属ですので
正直、級や段等の経歴を求められる方には向きません。

しかし、少人数でやっていますので
希望に応じた練習に応えることは出来ます。

筆で書きたい、楽しみたいという方は
どうぞHPのclassをご覧頂きご連絡頂ければと思います。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 12:23Comments(0)書道教室