Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2014年04月17日

三人展「雪月花」ありがとうございました。


大阪・天満橋のGALERIE CENTENNIALで開催しました
漆芸:萩原佳奈さん、染色:斎藤高志さんとの三人展「雪月花」
無事に終える事が出来ました。

大阪造幣局の桜の通り抜けの日程と重なっていた事もあり
遠方の方でも桜と共に楽しみにお出で頂いたり
場所柄グラフィックデザイナーさんやイラストレーターさんの来場も多く
連日沢山の方と楽しく、刺激的に過ごさせて頂きました。

大きくはないギャラリーながらも
萩原さんの繊細な蒔絵漆の仕事に、道具に。
斎藤さんの独特な技法で深い色合いを表現している染色に。
コラボ作品。
書道と思って来たら「なんじゃこれ?」と。(笑)
お腹一杯と言って頂けました。


「百花繚乱」

久しぶりに(笑)ストレートな作品を作りました。
墨色も気を使いましたし、潤渇も出せました。
やはりこういう作品の制作が一番難しいですね。
木工作家中村謙二さんのチーク材一枚板のフレームに入れ、なかなかの存在感。
アクリルメディウムを使った小作品、立体作品「のらりくらり」は
人気ありましたね。どうやって作るのか?と良く聞かれましたし
井上有一に例えて下さる方もいらっしゃいました。(大好きな作家なので嬉しかった)

上段左から「白い風」「光かがやく」「水」、下段左「雲のすきま」「黄山」



「雲をつかむ」

色鮮やかな斎藤さんの作品と
サイアノタイプを用いた青い作品は作品「雲をつかむ」
雲をつかむ様な・・・というのをつかめました。
フレームはこれも中村さんのホウの木。


コラボレーション作品


合作の「雪月花」。
雪は光って見づらいのと、漆の花ももっと綺麗なのですが写真では分かり辛いですね。
私が書いた雪月花を染色、漆でも表現して頂き
染色の雪で花を、漆の花は月を、私が作った月は雪を表現しています。
(ややこしい?)

伸子の短冊掛け

七夜月(7月)
中納言家持の「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」から青字をエンボスに 

左は煤竹の短冊掛け

ステンレス短冊掛け

時雨月(10月)
凡河内躬恒の「心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花」
右はエンボスのみ。

短冊作品は昔の言い方で
一月=祝月、二月=梅月、三月=桜月 等という言い方があって、それを墨書。
それにその季節の和歌を選びその一部分をエンボスで入れたのを十二ヵ月分作りました。
またエンボスだけ物も。
曲がった短冊掛けは染色の道具の伸子(シンシ)。
また煤竹(すすだけ)やステンレスのも作りました。

短冊は手軽な作品なので
季節で取り換えたり、ちょっとした小さな空間でも掛けられて
楽しいんじゃないかと思い、提案させて頂きました。



萩原さんの漆の作品と道具。
見慣れない漆の道具も手に取って頂き、その制作の難しさ、手間の多さも
感じて頂きました。斎藤さんの染色も色がやはり美しく、またフォルムが綺麗で
見入ってる方が多くいらっしゃいました。
仮面がこの三人を引き寄せたキッカケです。


期間中ずっと天気にも恵まれ
ポカポカ陽気の中、気持ちの良い展示でした。
ギャラリーの中も春らしく色とりどりで
ワクワクする様な、和風空間が出来上がりました。

お出で頂いた沢山の方ありがとうございました。
小空間の中、沢山でゆっくりお話も出来なかった方もいらっしゃったと思います。
申し訳ありませんでした。
また是非お会い出来る機会を楽しみしています。






    
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 23:09Comments(0)個展・グループ展/Exhibition

2014年04月13日

こんな物もあります。三人展「雪月花」

現在大阪・天満橋のGALERIE CENTENNIALで開催中の漆芸・染色作家との三人展「雪月花」
この3人が集まったキッカケは以前梅田阪急で開催した「マスケラ ミーツ アーティスツ」です。
その時の仮面も展示中。

100人程参加したアーティストの中で
この3人を引っ付けるとどうかな? ってな感じで
集まりました。

はじまってみてお二人のお話を聞いてみると
やはりそれぞれの制作のプロセスや苦労、こだわりが
面白いんですよね。

染色の斎藤さんは植物をモチーフに制作されていますが
先ずそのテーマにする植物の種を蒔く所からスタートするんだそうです。
育てて観察をしてからその美しい所を描きだす。
・・・・そんな人居ないですよね!
漆芸の道具。ヘラのしなり具合がたまらない。
左下のはクジラの髭なんですって!

また漆芸の萩原さんは蒔絵を得意としているのですが
金粉等を蒔いて描くから蒔絵(まきえ)と言うそうで
その蒔く時のコツや、グラデーションの出し方を実際に道具を見せながら
説明して下さいます。また漆に対するコダワリが強くって
そのお話に引き込まれてしまうお客さんも多々。

こういう展示会でないと聞けない事が沢山あって私も勉強させてもらっています。

またお二人に無理言ってガチャガチャの商品も用意して頂き
三者三様の物を入れ、多くの方に喜んで頂いてます。(残り少なく成っていますが・・)

そんな「雪月花」展も14日(月)、15日(火)、16日(水)のあと3日。
私は15日、16日は在廊していますが16日は17時までです。
どうぞお越し頂き私の作品はもちろん、お二人の作品にも是非触れて頂きたいと思います。



  
  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:20Comments(0)個展・グループ展/Exhibition