Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2007年01月26日

チベット




正月明けに、中国とチベットのラサという街に鉄道が開通した番組をみた。
世界一の標高を走る鉄道として、その技術やそれを利用する人々を
つづったものであったが。

チベットの人々が巡礼の為 五体投地(ゴタイトウチ・・仏教徒が行う最高の敬礼法。両ひざ・両ひじを地に着けて伏し、さらに合掌して頭を地につける。大辞林より)
しながらチベット仏教の聖地ラサに向けて一歩ずつ進んでいる横を
車が砂吹雪を上げ滑走し追い越していく。
その又横を、鉄道が汽笛を鳴らし抜いていく。
その事をどう思うかと訪ねられてチベット人は「わからない」と答える。

私も8年程前にチベットに行った事がある。
私は、来た事に罪悪感を憶え帰って来た。
彼らには彼らの生活スタイルがあり、彼らの価値観で行動している。
そこに、資本主義の少し金を持っているだけの外国人が冷やかしにいき
外貨を落とす。
その外国人に群がり、お金や物資をねだるチベット人。

確かにダライラマはチベットには外貨が必要で、中国から独立するには
やはり経済的にも独立する必要があるから、多くの外国からの旅行者を
歓迎すると言ってる。

私には、答えを導き出す事は出来ないが、この美しい自然と
チベット仏教を心から信仰する民に、このまま変わって欲しくないという思いである。
しかし、その願いはそう長くない内にかなわなくなるであろう。

京都の人にも、知っておいて頂きたい。
京都が変わってしまえば、日本らしい日本の姿はもう世界から無くなってしまうという事。

最後に成りましたが
こんな何も知らない若造が偉そうな口をきいてゴメンなさい。
写真はその8年前の物。このずーと右手にはエベレストの峰が見えてました。





  • LINEで送る

同じカテゴリー(放浪にて)の記事画像
满月美丽
チベット・ポタラ宮の中
メッケモン
普通なんて
絵ニナル
天下無双
同じカテゴリー(放浪にて)の記事
 满月美丽 (2008-10-16 01:55)
 チベット・ポタラ宮の中 (2008-06-22 03:45)
 メッケモン (2007-04-15 00:24)
 普通なんて (2007-04-10 23:06)
 絵ニナル (2007-04-08 02:49)
 天下無双 (2007-03-15 15:46)

Posted by HIROSHI UETA at 00:37│Comments(2)放浪にて
この記事へのコメント
変わってはいけない事や変わらなければいけない事が
同時に存在していて
それを判断する知識や能力が一定ではなく
個人差があり気負いや自惚れで正しい判断が出来ない現実

どうすりゃいいの? 

お願い教えて!!  無知は罪だよ!!
Posted by ベロ at 2007年01月27日 12:40
現時点で何が大事か。
何を守り、何を変えなければいけないのか。
誰にとって?自分?人間?自然?地球?
でも広く云えば地球の事は、自分のためでもある。

分かっているのは、今までの人間の
求めた物の結果が今の現状に繋がっている。

私にも大きな事は出来ない。
しかし、出来るがぎり自分の事に責任を取れる様にしたいと思う。
自分のした事が、自分の目を離れても責任が取れるのか?
現状で他の選択肢が無いのなら、より影響の少ない方法を選択出来ているのか?
正直者にバカをみせる様な事はしていないのか?

人にこうしなさいとは言いたくないのです。
それが、正しいとはかぎりませんから。
より多くの選択肢を提示出来ればとは考えていますが。
Posted by hiroshi at 2007年01月28日 03:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。