Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2009年05月29日

酔って候


「酒」
中国の「史晨前碑(ししんぜんひ)」という碑からの抜粋。


隷書(れいしょ)と言われるこの書体は
フォントとしてもチョクチョク見かける様になりましたが
教室でも結構人気のある書体です。
私も学生の頃ハマりました。

実はコツを掴めば書きやすい書体でもあります。

基本は水平、垂直に線を組み立てていく事。
縦線は短めに、横線を長く
筆先を出さない事。
波磔(はたく)というハライのある横線がある事です。
(この酒という文字でしたら酉の一画目の線がはらっていますよね。)

これが出来ればらしく成ります。

ちなみにこの酒のサンズイの下空いてますよね。
この空き具合が絶妙なんですよね。


教室の時間帯を変更致しました。
 詳しくはhttp://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.htmlにて。







  • LINEで送る

同じカテゴリー(書道教室)の記事画像
墨を磨る楽しみ。硯(すずり)制作現場見学
2015年のお礼と来年の予定。
落款(ハンコ)制作教室特別開講
デザイン書道っていう授業
書道教室日程追加
落款(篆刻)教室
同じカテゴリー(書道教室)の記事
 墨を磨る楽しみ。硯(すずり)制作現場見学 (2016-02-02 14:02)
 2015年のお礼と来年の予定。 (2015-12-29 23:56)
 落款(ハンコ)制作教室特別開講 (2014-12-03 15:25)
 デザイン書道っていう授業 (2013-09-14 01:53)
 書道教室日程追加 (2013-02-01 12:23)
 落款(篆刻)教室 (2012-08-17 13:35)

Posted by HIROSHI UETA at 02:43│Comments(0)書道教室
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。