Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2007年02月17日

一生物



私は「一生物」や「定番」というのがメッポウ好きである。
何か理由があって「一生物」であり「定番」でいられると思うからである。

そこには、流行も派手さもノリもなく、機能とデザインの一致した何かと
多くの人の目手を納得させた普遍的なモノがある。
それを身の周りに置くことで、良い物を見抜く目を自分の物にしたいと思うからである。

話が難しくなってしまいましたが

写真は最近何とかdayに頂いた携帯灰皿と100円ライターケースです。
100円のライターに。  灰皿に。 非常にモッタイナイしっかりとした作りである。

これは京都に工房を持つ「open sesame.(オープンセサミ)」
が制作してくれた物です。
女性一人で、革の選定から始まり、裁断、カービングと言う技法で革に模様を付け
手縫いし、染めも行っている。
目の行き届いた丁寧な作りが素晴らしい一点物です。

革という素材の持つ確かさと、彼女の丁寧な仕事。
後は、私の扱い方次第でコレも「一生物」の仲間に入るのだろう。
open sesame. ホームページ http://hirakegoma.net/

  • LINEで送る

同じカテゴリー(ロハス主義)の記事画像
自転車スタイル(ヨーロッパの街で)
朝顔で暑さ対策
スッゴイ菊
完成
ロハス的暑さ対策
機能美的自転車
同じカテゴリー(ロハス主義)の記事
 自転車スタイル(ヨーロッパの街で) (2017-11-28 13:52)
 朝顔で暑さ対策 (2009-08-07 02:03)
 スッゴイ菊 (2007-11-09 00:36)
 完成 (2007-08-12 02:28)
 ロハス的暑さ対策 (2007-07-05 18:32)
 機能美的自転車 (2007-03-30 02:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。