Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2010年01月29日

本当の「一期一会」

作品「一期一會」
作品サイズ330×970(mm) 、フレームサイズ 720×1560(mm)


御依頼頂き制作致しました。
御依頼頂いてから随分とお時間頂いたのですが
納得のいく物が仕上げられたと思っています。

・一期一會(会)・・・生涯にただ一度まみえる事。一生にただ一度限りである事。
                                    (広辞苑)
今まで上記の様に自覚して接する事は
正直そうありませんでした。
単に、出会いを大切に・・。という意味でしかとらえていなかった様です。

しかし、生涯にただ一度と思うと
随分と意味合いが変わってきます。
この世は一期一會に溢れていました。
しかし、その一會をどれほど大事に出来ていたか。

この作品を書きながら、それがもたらす事柄、
大きく言えば一期一會によって出来ているこの世の中。
そう思うからこその接し方。そんな事を考えていました。

作品は「一」と「期」を重ね「一會」の「一」は
大きくエンボスで入れました。
それぞれの文字が立体的に重なり合ってる様な感じに成っていると思います。

存在感のある額はやはり京都の木工作家 中村謙二氏による物。
クルミの木の神代。一枚板の額に成っています。

・神代(ジンダイ)・・・水土中に埋もれて多くの年数を経た材。


  • LINEで送る

同じカテゴリー(作品/Works)の記事画像
世界に向けて英語版「絵本化鳥」の発売と泉鏡花フェス2017
影の作品
ミラノで3人展「Japan ISM」 
VRで書道パフォーマンス。
VR書道(!)で映像作品に参加 東アジア文化都市2017京都
和歌を書いたコートが発売開始!!
同じカテゴリー(作品/Works)の記事
 世界に向けて英語版「絵本化鳥」の発売と泉鏡花フェス2017 (2017-12-12 18:08)
 影の作品 (2017-12-05 15:34)
 ミラノで3人展「Japan ISM」  (2017-05-31 13:22)
 VRで書道パフォーマンス。 (2017-04-18 13:56)
 VR書道(!)で映像作品に参加 東アジア文化都市2017京都 (2017-03-15 21:00)
 和歌を書いたコートが発売開始!! (2016-12-20 05:25)

Posted by HIROSHI UETA at 03:58│Comments(2)作品/Works
この記事へのコメント
いいですね…。
ちなみに大体おいくらくらいなんでしょうか。
もし差し支えなければ。
Posted by 柴 at 2010年02月11日 02:24
柴様:コメントありがとうございます。

    こちらの作品は
    20万円程で制作させて頂きました。
    どうぞご参考になさって下さい。
Posted by hiroshiueta at 2010年02月11日 17:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。