Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2011年10月11日

夏目漱石の句


「秋の江に 打ちこむ杭の 響かな」
           夏目漱石

(澄みわたる秋空。広い入江。そこに打ちこまれる杭の音が遠くから響いてくる。)

教室で用いた題材です。
半紙横半分にして書いてもらいました。

書道教室って漢字を書いたり、創作をしたりという内容が多いですが
実用というジャンルもあって
実際に生活の中で筆を使う事を考えると
こういった小筆の場面の方が多いですよね。

そういう事を考えて
崩し過ぎないで、漢字も平仮名もある題材を取り上げます。

手紙、年賀状、芳名を求められる時
そういう時の為の練習ですね。

小筆は慣れが大事という所があるので
持つ機会が多ければ多いほど上手く成ると思います。

書道教室 http://hiroshiueta.kyo2.jp/e84455.html


  • LINEで送る

同じカテゴリー(書道教室)の記事画像
墨を磨る楽しみ。硯(すずり)制作現場見学
2015年のお礼と来年の予定。
落款(ハンコ)制作教室特別開講
デザイン書道っていう授業
書道教室日程追加
落款(篆刻)教室
同じカテゴリー(書道教室)の記事
 墨を磨る楽しみ。硯(すずり)制作現場見学 (2016-02-02 14:02)
 2015年のお礼と来年の予定。 (2015-12-29 23:56)
 落款(ハンコ)制作教室特別開講 (2014-12-03 15:25)
 デザイン書道っていう授業 (2013-09-14 01:53)
 書道教室日程追加 (2013-02-01 12:23)
 落款(篆刻)教室 (2012-08-17 13:35)

Posted by HIROSHI UETA at 03:07│Comments(0)書道教室
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。