Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2012年07月05日

ぐるぐる


作品「らせん」A4サイズ

7/1まで開催されていました「121人121色」展に
出品していた作品。

テーマが「ものがたり」という事があり
悩んだ挙句“線”にストーリーを持たせる事にしました。

別々の薄い紙に“らせん”の一文字ずつを書き
線がつながる様に重ね合わせました。
で最後にもう一枚何も書いていない紙を合わせて
レイヤーを重ねる様に作ってあります。

“ら”から順番に線がコチラに向って来る。

そして最後にコチラに飛び出てくる訳です。
そんな作品にしました。

ちょっと面白い物が出来たと思うのですが・・・?


  • LINEで送る

同じカテゴリー(作品/Works)の記事画像
作品製作のルール-四国大学卒業制作展-
映像製作  @時代祭館十二十二(トニトニ)
世界に向けて英語版「絵本化鳥」の発売と泉鏡花フェス2017
影の作品
ミラノで3人展「Japan ISM」 
VRで書道パフォーマンス。
同じカテゴリー(作品/Works)の記事
 作品製作のルール-四国大学卒業制作展- (2018-02-05 14:57)
 映像製作 @時代祭館十二十二(トニトニ) (2017-12-27 20:12)
 世界に向けて英語版「絵本化鳥」の発売と泉鏡花フェス2017 (2017-12-12 18:08)
 影の作品 (2017-12-05 15:34)
 ミラノで3人展「Japan ISM」  (2017-05-31 13:22)
 VRで書道パフォーマンス。 (2017-04-18 13:56)

Posted by HIROSHI UETA at 00:08│Comments(2)作品/Works
この記事へのコメント
新たなる造形への挑戦 溢れるエネルギーを感じます。
Posted by 近江の仙人 at 2012年07月05日 08:28
近江の仙人さん:ありがとうございます。
      頑張って作っても「わからんわ―」って一言で終わってしまう事も
      多いのですが、仙人さんにそう言って頂けると嬉しいです。
      今後とも宜しくお願い致します。
Posted by HIROSHI UETAHIROSHI UETA at 2012年07月05日 18:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。