Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2015年05月26日

出会い。

5月6日に発売を開始した20着限定のTRINITASさんとのコラボシャツは
初日に半分が無くなり上々の出だしをしてくれ、現在残り5着と成っております。
お買い上げ頂きました方、ワークショップにご参加頂きました皆さんホントにありがとうございました。

さて話は大きく変わり
「時期が来れば表れる」というお話。

今年の私の展示は少々スローになっています。

個展は10月に予定している大阪のギャラリー佑英さんでのみで
他はグループ展です。

先に触れておきますと
・TRINITASさんがこの9月で5周年を迎えられるそうで
 その記念コラボ商品を私も含め数人のアーティストさんと製作を行う予定。
・30色の色を用いて数人のアーティストが作品を制作し
 それを音楽として表現して頂くという企画が持ち上って現在制作中。

と、この様な予定なのですが
去年が忙しかった事も、またちょっと違ったスタンスで制作したい等と考えているセイでもあります。

京都で現代アートイベントが続きそれらを見ている内に
何か色々と考えさせられました・・・今のアートの動きってありますよね・・・。


何必館で展示中。白髪一雄さんの作品

ウヤムヤと考えている所に何必館で開催されていた「何必館で観る現代美術展」が非常に良かったんです。
どの辺りをもって現代と言うのかはよく分かりませんが
展示されてる作家のほとんどが既にこの世に居ない事を考えると
決して新しくはない作品と言えると思え、入館者のまばらな所を見ると
一般目線でもない展示である事は感じるのですが
これらを今あえて展示している何必館の言いたい事がよく分かり、大いに力を頂きました。

作品の素晴らしさもツボだったのですが、ガラスを入れていない額や
それぞれ違った板の上に置かれた陶器に水をはったり、花を生けたり
光の陰影を感じさせる生きた展示の仕方。

隅々にまで気を配られた美意識の高さが今も善しとされている事に
嬉しく成ってしまいました。「こうでなきゃ!」って。

月心寺 お茶室からのながめ

また、縁あって月心寺という橋本関雪の菩提寺に誘って頂いたのですが
これもまた良かった。なんとも例えようの無い感動でした。
何処と言われると困るのですが
建物と庭園の融合に、その空間に、佇まいに。
その日の夜はホントに夢にまで見た程に・・・。

私は「時期がくれば分かる」と信じています。
分からなくなってウヤムヤと悩んでいると
それを解くヒントがいずれ何処からか表れてくれる。

今回はまさに、この何必館と月心寺がヒントです。
答えはまだ出てませんが取っ掛りが出来れば後は何とかなると思います。
という事でヘンな締めですがこれからも頑張ります。



  • LINEで送る


Posted by HIROSHI UETA at 00:59│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。