Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2017年07月19日

ミラノ3人展。展示風景

ミラノでの2週間の展示をして先週帰ってきました。


今回は先ず展示風景をご紹介。


宮本信代は人物、風景等の墨の絵の作品。
古民家や子供の絵が人気でした。


安藤なおみの富士山バッグが通る人の目を惹きました。

私は軸物が中心


この鯛バックも人気でした。鯛はめでたいという意味なので・・と説明はしたのですが
魚なのでマリンルックなイメージに捉えられるという意外性・・。

折り鶴は海外に出た時の妻の必勝アイテム。
子供が来た時にあげたり、カフェでテーブルにそっと置いてきたり。
結構喜ばれます。

私は持ち運びやすいという理由からほとんどの作品を掛軸に仕立てました。
宮本信代は作品をマットに入れた状態で"ひッつき虫君”で固定。
2人とも平面作品なので中央や什器の上は安藤なおみの作品を展示。



TRINITASとのコラボ服も。着てみるとこんな感じ。
ロングカーディガン「雪月花」

名付けて"WA MODS”パンツ「夢もまぼろしも久しかりけり」
袴を融合させ、帯を締める様になっているのでフリーサイズ。




オープニングでは来て頂いたお客さんをモデルに母がライブペインティング。

このかた描く段階になってわざわざサングラスをかけるんです。
ほんとお洒落マダムでした。

私も私もという事になり結局4人描きました。

沿道から覗いてた人も入って来てくれました。



ちなみに紙のサイズは2尺×8尺

白い軸は軸装作家 辻めぐみさんに製作頂いたORIORI軸。

正面から見るとほぼ白い作品なのですが

光や見る角度を変えると画面が見えてきます。
白いインクで作ったシルクスクリーン作品「ときめき」
作品の意外性でこれが私の一番人気だったでしょうか。


話せば長いので今回は一先ず展示風景のみ。
いやー色々ありました。 それは次回に。






  • LINEで送る

同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事画像
個展-沈黙―無事おわりました。
本日最終日個展-沈黙-
個展-沈黙-(あと3日)
個展-沈黙-@ギャラリー佑英
写真展に出品します。第22回ファインド・アイ現代・文人光画展
ミラノ展での失敗と成果
同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事
 個展-沈黙―無事おわりました。 (2017-10-03 14:15)
 本日最終日個展-沈黙- (2017-09-30 04:26)
 個展-沈黙-(あと3日) (2017-09-28 01:59)
 個展-沈黙-@ギャラリー佑英 (2017-09-13 22:17)
 写真展に出品します。第22回ファインド・アイ現代・文人光画展 (2017-08-21 23:20)
 ミラノ展での失敗と成果 (2017-07-26 15:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。