Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2017年08月21日

写真展に出品します。第22回ファインド・アイ現代・文人光画展

数年前より京都ファインダー倶楽部という所に所属させて頂き出品しています。

京都に来て間もない頃にお会いした
画家 藤波晃(京都の喫茶店 六曜社の一階の絵、またマッチをデザインされた方)さん達が
立ち上げた写真のグループなのですが
写真家集団ではありません。

昆虫博士はいらっしゃいますし、工学博士、御住職
弁護士、デザイナー、等などそれ以外のジャンルで
プロフェッショナルな方々の写真展です。
会場風景

という事で現代・文人光画展という名が付いております。
-----------------------------------------------------------------------------
第22回ファインド・アイ現代・文人光画展
日程: 2017年8月23日(水)~27日(日)
時間: 10:00am-6:00pm(最終日-5:00pm)
入場無料
場所: 京都文化博物館 5階
---------------------------------------------------------------------------
それぞれの道の観点から撮られてたりしますので
そんなお話を伺いながら拝見するのも楽しくて
いつも新しい視点を教えて頂いてます。

ちょうど会場の京都文化博物館ではマグナム・フォトの特別展が開催されていますので
写真にどっぷりハマり込む事ができますね。
作品「手のなか(部分)」

今回もサイアノタイプの作品を用意しましたが
スマホで撮ったモノをモチーフに制作しました。
というのも先だって行って来たミラノの写真は、わざわざカメラを持って行ってるのに
ほとんどスマホでしか撮っていなかった事に自分自身気付かされ、驚いた所だから。

携帯がスマホになって、写真の加工もできる様になり
"写るんです”時代よりも人生で一番写真を撮っていると思うんです。

メモリーが増えいくらでも撮れる様に成った事もあり
今まで撮らなかったモノまで撮って
自分の行動記録みたいになっていますね。
今までに無かった写真の在り方だと思い
今回の作品を制作しました。

また京都文化博物館別館内のアートン アート ギャラリーさんでも
私のシルクスクリーン作品、妻のレザークラフトも展示中ですし
博物館内の前田珈琲・文博店さんでも
私の作品「一期一会」をご覧頂けます。
どうぞ合わせて楽しんで行って下さい。

私もチョコチョコですが会場に出張っております。



  • LINEで送る

同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事画像
「性の茶」展に参加します。 
「茶室のすゝめ」茶室建築展-  岩崎建築研究室10周年
個展-沈黙―無事おわりました。
本日最終日個展-沈黙-
個展-沈黙-(あと3日)
個展-沈黙-@ギャラリー佑英
同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事
 「性の茶」展に参加します。  (2017-11-02 16:50)
 「茶室のすゝめ」茶室建築展- 岩崎建築研究室10周年 (2017-10-29 01:07)
 個展-沈黙―無事おわりました。 (2017-10-03 14:15)
 本日最終日個展-沈黙- (2017-09-30 04:26)
 個展-沈黙-(あと3日) (2017-09-28 01:59)
 個展-沈黙-@ギャラリー佑英 (2017-09-13 22:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。