Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2008年07月23日

箱展in金澤

来月初めて金沢に行く事に成りました。


「おっかさん」鴨居玲作
(金澤と言えば鴨居玲(カモイレイ)。金沢の美術館に沢山所蔵されてるので是非ご挨拶に伺いたいです。)

金澤のG-WING'S gallery http://g-wings.net/内の
pARa:siTe(パラサイト)http://g-wings.net/parasite.htmにて
「箱展」が開催され参加させて頂く事に成りました。

「展覧会企画内容」
箱は中にモノをしまうという機能の為に中身が空です。
私たちは普段意味の無いものや中身の無いものを嫌います。
しかし箱は中身が無いゆえ価値を持ちます。
本企画では「中身の無い」ことに注目して、何かを収納することは目的とせず、
ただ箱のそのものを楽しむ展示を致します。
箱は守るもの。箱は隠すもの。そういえばギャラリー自身もハコと呼ばれます。
どんな箱がやってくるのか、ふたを開けてのお楽しみ。


ガラスや漆、建築等、様々なジャンルの作家が参加してますので私も楽しみです。
開催初日は私も在廊させて頂こうと思っております。

しかし実際私が作るハコ・・。
結構頭を悩まさせてくれました。

今回お世話になりますpARa:siTe(パラサイト)のキュレーターの方が
「金澤アートイベントカレンダーイコール」というフリーマガジンを発行されており
次号より私の文字も使って頂いております。
様々な都市で配布されてる様ですので
HP参照の上是非お手にしてみて下さい。
金澤アートイベントカレンダーイコールHP http://kanazawa-calendar.com/




  • LINEで送る

同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事画像
VRも体験できる「錆と茶室の世界」
東京のrooms EXPERIENCE 36に参加します。
作品製作のルール-四国大学卒業制作展-
影の作品
「性の茶」展に参加します。 
「茶室のすゝめ」茶室建築展-  岩崎建築研究室10周年
同じカテゴリー(個展・グループ展/Exhibition)の記事
 VRも体験できる「錆と茶室の世界」 (2018-04-09 15:57)
 東京のrooms EXPERIENCE 36に参加します。 (2018-02-13 01:36)
 作品製作のルール-四国大学卒業制作展- (2018-02-05 14:57)
 影の作品 (2017-12-05 15:34)
 「性の茶」展に参加します。  (2017-11-02 16:50)
 「茶室のすゝめ」茶室建築展- 岩崎建築研究室10周年 (2017-10-29 01:07)

この記事へのコメント
書家 上田普の箱・・・・・・

うぅ・・ん 色々想像したものの・・・・
どこに【箱】を表現されるのか明日を楽しみにo(^o^)o!
Posted by おやじ様 at 2008年08月04日 08:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。