Contemporary Japanese calligraphy artist Hiroshi Ueta

2008年11月29日

昔の話


作品「爛漫」
初めてのオーダー作品 (22、3の頃制作)


先日、学生時代を過ごした徳島に足を運び
忘れていた色んな事を思い出しました。

学科の研修旅行で東京・上野の書道展を見る予定があり
せっかくだからこの辺の美術館に足を伸ばそうと
先生に別行動を願い出ると
「そんなの見ても書道の勉強には成りません!」と言われ、憤慨した事。

創作の授業に手本を渡され
疑問を持っていた私は、無視した制作をしていると
以降、添削をしてもらえなかった。
しかし、卒業の時その先生が他の先生方に
「こいつは今にすごい作家に成るぞ!
 こいつは自分の作品を作る事を知っとる!」と
おしゃってくれた事。

時間があれば徳島そごうの美術画廊に足を運び
屋上のペットショップで一服。


気まずいと思いつつも徳島画廊で絵を見せてもらっていた。
その頃いいなと思ってた男女が手を繋いで踊っている作品があった。
小さなデッサンの様な絵であったが
線の一本一本に動きが感じられた記憶がある。
今回それを伺うと
もう売れてないが
池田満寿夫の絵であった事を教えてくれた。


古本もその頃おぼえた。
百円、二百円で画集が買える。
高く積み上げられた画集から眼についた物を4.5冊求めた。

今まで意識してなかったが
その頃の延長がそのまま今に繋がっている。
そして、変わっていない自分に苦笑いした。














  • LINEで送る

同じカテゴリー(道程)の記事画像
「京都×パリ」パリに行って来ました。
徳島で初めての個展
たまには振り返る。
書道に邪魔な物。
制作の仕方
「抽象作品のはじまり」道程5
同じカテゴリー(道程)の記事
 「京都×パリ」パリに行って来ました。 (2018-07-08 19:31)
 徳島で初めての個展 (2016-12-02 14:36)
 たまには振り返る。 (2011-11-28 06:03)
 書道に邪魔な物。 (2011-02-21 22:00)
 制作の仕方 (2009-10-14 02:51)
 「抽象作品のはじまり」道程5 (2009-03-12 03:09)

Posted by HIROSHI UETA at 22:58│Comments(3)道程
この記事へのコメント
感 慨 深 い です。
Posted by ささき at 2008年12月01日 17:40
徳島話、懐かしいね。

そしてはがきありがとう。知らずにごめんね。

今、前田さんのコーヒーを送っていただき、
作品つくりの合間に一服しております。
美味しいです・・・。落ち着きます。

龍之助のロゴが主張しすぎず、さりげなくていいです。
近所に宣伝しときますね(笑)
Posted by まっちゃん at 2008年12月02日 14:58
ささき様: ですか。?


まっちゃん:懐かしいでしょ徳島。
       第3の故郷の様な印象でした。

       多くの方とお会いし、松園でチャーハンを食ってきました。
       龍之介手に入れてくれましたか。
       私も、最近になって豆バージョンが出てるのを知りました。
       是非宣伝しておいて下さい。
Posted by HIROSHI UETAHIROSHI UETA at 2008年12月04日 02:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。